PukiWiki/活用事例/団体・法人のサイトあるいはその一部として

団体・法人のサイトあるいはその一部として

学校(小・中・高)

(北海道)標茶中学校
長野市立安茂里小学校 7年1組の広場
児童の保護者向け
千葉県立柏高等学校 (スキン:hiyokoya6)
学校法人 菊武学園 菊華高等学校
2004/08/20
大分県サッカー協会 第3種 中学委員会
(群馬県)高崎市立群馬南中学校
岡山県立鴨方高等学校
香川県立坂出高等学校
宮城県本吉響高等学校
(宮城県)蔵王町立遠刈田小学校
(宮城県)丸森町立舘矢間小学校
徳島県立阿南工業高等学校

学校(大・高専)

東北大学 大学院 工学研究科 創造工学センター 「発明工房」
東京工業大学 学術国際情報センター(GSIC)
広報・PR用のニュース欄に組み込み
東京理科大学 理工学部 数学科
東京外国語大学 ペルシア語専攻 教員紹介
法政大学 社会学部
要所に複数あり。「エンドユーザーによる」更新が行われる頻度が高いと思われる場所に使われている。サイト作成の過程を公開しているwikiもあり、興味深い
熊本大学 熊粋祭 熊粋辞典
名古屋工業大学研究協力会
(デザインが素晴らしい)
岩手大学バレーボール部
九州産業大学芸術学部
複数の教員で協働運営。全ての情報の蓄積と発信を目指し、日々活動中。
WikiWikiFun
琉球大学情報工学科
2005/11より、学内・学外向けのニュースコンテンツの維持にWikiを活用
福井高専 電子情報工学科のwiki
携帯向け
熊本学園大学e-キャンパスセンター講習会
熊本学園大学ノートパソコン貸出

学校(専門学校)

日本文理大学医療専門学校

医療:福祉・介護

神奈川肝炎対策委員会
兵庫県整形外科医会
複数個を使い分けている
沖縄県総合福祉センター
沖縄県介護サービス情報公表センター
沖縄県社会福祉協議会による
沖縄県介護支援専門員連絡協議会

その他

北海道セパタクロー協会
(2004/09/04)
熊本シンフォニックウインズ
社会人バンド(2004/09/09)
国立国会図書館デジタルアーカイブポータル(ndldap)
(XOOPS? + PukiWikiMod)
農林水産省 農林水産研究計算センター 衛星観測に関するページ
蓼科観光案内所 (蓼科観光協会)
NAB:社団法人 日本民間放送連盟
宮城県トライアスロン協会
JTU東北ブロック協議会
NPO法人 新潟オープンソース協会
2005年設立。Niigata Linuxの開発等。メインサイトと、開発案件ごとのサイトに利用。|
NPO-CAFE(Computer Aided Forum by senor Engineer)
"時間的余裕があり、優秀で経験豊富な高齢技術者に活躍の場を提供し、中堅及び若手技術者が抱える技術問題の解決を支援すると共に、教育啓蒙活動を通して日本の技術力の向上と産業の活性化を図る"
ながの学校版環境マネジメントシステム
社団法人 京都モデルフォレスト協会
科学技術倫理オンラインセンター
南信高等学校体育連盟テニス専門部
Japan National Group of Mentally Disabled People (英語ページ)

商業利用 (外部サイト)

インターネットサービス

STUDENTS BLOG
大学別ブログランキングサイト
ケービレッジ
CATV
ValueDomain-FAQ
ドメインサービス
Coogsh
Webと携帯電話関連

インターネット通販サイト

自動車電装の都電機
店舗紹介にPukiWikiを使用。

ジャンル分類未処理

タテックス有限会社
会社のホームページで利用。無料サーバで複数サイトを開設。複数のPukiwiki版サイトで自作スキンも多数活用させていただいております。
青土社
出版
和栄工業株式会社
株式会社 ワイ・エヌ・シー
有限会社リソナル
Sources.lineo.co.jp
Linux情報の提供サイトサイト開設のプレスリリース
ADOS Developer's Site - XML Stadium
株式会社アドスのXMLソリューションを活用したXMLのさまざまな利用について、テキストやツールを提供するサイトです。
ワイアレスアンドビジュアルコミュニケーションズ株式会社
J2EEアプリケーション開発環境パッケージご提供およびセミナー開催のお知らせ
株式会社アークシステム(infoARK) - 掲示板機能をPukiWiki 1.4.3で提供しているようです。
Mail Servant
有限会社ジーアップ
テレビジネスソフトサポート
有限会社テレビジネス テレビジネスが無料配布しているソフトのサポートページ
いちかわエフエム
市川市から千葉県北西部エリアへ向けて放送しているエフエムラジオ局
広告、ネット、SP会社情報
株式会社シィー・ディー・アイ
文化に関わるテーマを専門領域とするシンクタンク (京都府)
オージス総研ソフトウェア工学センター
アジアコミック アジアのマンガ家リスト
有限会社 ユー・ティー・エル
雑誌「JAVA PRESS」vol.42 でPukiWikiの社内活用事例を紹介。
オーケーストア・アンオフィシャル
スーパーマーケットのオーケーストアの非公式サイト。関東と仙台の格安スーパーのお店情報。
株式会社マイクロネット INtime
技術情報、ダウンロードなどに使用
九州屋紙器(千葉県白井市)
ダンボール箱の製造・販売
ガユウ(石川県野々市)
石川県の人材派遣、プログラマSE・軽作業他・お仕事情報等
プティタプティ(神奈川県小田原市)
洋菓子の製造・販売。辞典コンテンツでPukiWiki 1.4.7を利用。

社内利用、個人の業務利用、内部利用

TERRAZINE: 鹿児島を見守るOpera
"PukiWiki Plus!でイントラサイトを構築し、情報共有に活用している。仕事の引継ぎも。Wikiに限らず、この手のWeb入力フォームは、何かの拍子に消えてしまって「真っ白」ってことが時々起きる。長時間かけて入力した文章が消えたときは「人生オワタ\(^o^)/」となるが、Operaならそんなことは起こらない。"
業務のすべてがノウハウに--社内でWikiを利用するヤフー
"「ヤフーでは、2002年~2003年頃に、エンジニアがチーム単位で知識共有のために立ち上げたWikiが登場し始めていた」という。"
"その後システム統括部では、これを「PukiWiki」というオープンソースWikiを使ってまとめ始める。技術系のWikiはもちろん、部署単位のWikiなども用意し始め、日々の業務に欠かせないほど情報が貯まり始めた。"
"PukiWikiを利用していた時代には、Wikiのサーバが乱立し、探している情報が見つけられないことも多かった。また、運用期間が長く、蓄積情報量が膨大になったことで、表示に時間がかかるページも増えてきた。そこでシステム統括部は、これを企業向けにWiki製品で置き換え、統合的に管理することになった。"
"(Confluenceの導入は)統合的に管理することも導入目的の1つだが、システム統括部企画部リーダーの石井勉氏は、「これまでのPukiWikiの情報をすべて取り込んでいるわけではない」と話す。「PukiWikiで書かれた情報すべてを移行するのが目的ではない。PukiWiki上の蓄積は膨大で、すべてを移すのは大変。とりあえず日々の業務で必要なものから順次Confluence に移行する形をとっている」"
INTRA BLOG/SNS USERS GROUP: インタビュー:株式会社クレスコ「企業内におけるWikiの活用」
"(略)試行錯誤の結果を、プロジェクトの複数のメンバーがチャットのようにWikiに記録していきます。Wikiに細かな作業記録を残して共有することで、複数メンバーでの共同作業が効率化したようです。"
"例えば(略)治具の使い方のマニュアルページを作っています。新しくプロジェクトに参加したメンバー向けのチュートリアルページを作ったりもしているようです。"
"これまで、ファイルサーバーのフォルダ階層を辿ってファイルを探していたのが、一覧ページからダイレクトにアクセスできるようになり、作業が効率化したとのことです。"
"その他、議事録や会議予定、休暇予定の共有に使っているようです。会議の予定などはグループウェアで管理すべきと思われるかもしれませんが、先ほども言ったとおり、協力会社の方はクレスコのNotesにはアクセスできません。そこでプロジェクト共通の予定などはWikiで共有しています。"
"私見ですが、うまく活用しているところでは、最初に情報の構造をある程度設計しているようです。"
"Wikiの特徴は情報を自由に構造化できる点です。ブログですと、時系列やカテゴリ別に記事を管理することができますが、それだけでは不十分だと考えています。"
Wikiで社内の情報共有 ~ウノウでの活用事例~(pdf)
"ほぼ完全ペーパーレス(飲み会の場所の地図くらいしか印刷しない"
"必ず情報がおいてある状態に"
(部内/社内に展開する場合は)"書く文化・読む文化を創る必要がある"
"運用コストも現状は安くあがっている"
"簡単なカスタマイズもしくは無改造 でWebサイトとして公開できるものができる"
"他の専用CMSツールに習熟が必要なことを考えると簡単な分拡張しやすいので実際に使う機能としてはとんとん"
PHP開発手法 第4回:Wikiによる情報共有(ウノウ株式会社の事例)
"特に社則がWeb上にあるというのは非常にメリットが大きかったと思います。Wordファイルなどで共有のサーバにおいてある場合、共有サーバのディレクトリを探してWordファイルを開かないといけません。しかしWikiの場合、そのような手間がない分、多くの社員が目を通すようになり、社員に社則が浸透しました。"
DeNA 技師のメモ(株式会社ディー・エヌ・エー)
"その際、サーバをこのように使いたいというイメージを書き出していったのですが、大きく分けると「調査, 検討した情報をメンバー間で共有する」「調査, 検討した情報を外部に公開する」というふたつでした。ただ、そのふたつの中身を具体的に書き出していくとどうも同じ内容になってしまうのです。その時にふと、こう気づきました。"
"以後、僕は「自分のためのメモは他の人にとっての情報になる」という考えに基づいて、ウェブページを書いていました。社外への情報提供が許可性だった会社 (外部投稿許可願いという申請書がありました) の時は社内のみに向けて、何でもオープンにしていい会社の時は社外の人も見られるような形態で。"
"DeNA エンジニアリング部門では、そういう各自のメモを pukiwiki を使って社内共有してきましたが、最近会社の方針としてそういう情報もどんどんオープンにしていこう、社会に還元していこうという流れになっています。"
ITmedia Biz.ID:「1人で作るなら、一気にやるのが重要」SimpleAPI・伊藤まさおさん
"特別なことはしていません。つねにメモ帳を持ち歩いていることぐらいですかね。このメモをPCの付箋紙ソフトとWiki(PukiWiki)に入れています。ToDoリストは数を増やさないようにしています。数が増えると心理的に重いし、2カ月たってもやらないものは多分一生やらないので、そういうものは消していきます"
GREE Labs > ドキュメント > PHP開発チーム実録
"グリーでは、ほぼすべての社内情報をPukiwikiを利用して共有しています。社内wikiに掲載されている情報が、現在の社内の情報すべてと言っても過言ではないくらいです。プロジェクトの提案から、仕様、様々なマニュアルだけでなく、社内で開発したプロジェクト管理用のプラグインを用いて、各タスクの状態、担当者、期限なども管理しています..."
我電引水:コスト削減wiki
ESCO事業者がblogとして活用している。
使いやすさ日記 『182. 掲示板の名前とコメントの並べ方~使いやすさ日記執筆システムにおいて~』(ノーバスグループ)
"私達は、意見交換やレビューに「PukiWiki」というシステムを利用しています。これはHTMLの知識がなくてもブラウザから簡単にウェブページを編集できるというもので、日記執筆者はテンプレートを使って簡単に日記の文章を書いたり、画像を配置したりすることが可能です。また、その下にレビュアーや執筆者同士が意見交換できるコメント欄がついています ..." (commentプラグインのカスタマイズ例に続く)
百式管理人への7つの質問: 情報収集したデータ、発想はどのように保存、知識ベース化していますか?百式2冊同時出版と管理人への7つの質問(Passion For The Future)
"その後、なにか書きとめておきたいメッセージがあればWikiに書いておきます。Wiki、知らない人が多いのが不思議ですよね。"
"ウェブ上でページを更新していくことのできるツール。コメントを追加していく掲示板と違い、一つの文書の精度を編集することでどんどんあげていくことができる。FAQや辞書など、追加するのではなくて更新するようなコンテンツには最適。"
PukiWiki - 高い柔軟性を持った CMS(アークウェブ ビジネスブログ)
"Wiki は CMS(コンテンツ管理システム)としても柔軟性が高く、適用範囲が広いソフトウェアです。私たちアークウェブでも事業アイディアの集積、プロジェクト管理、情報共有、個人の ToDo 管理、そして外部パートナーを交えたプロジェクト管理にまで PukiWiki を使っています。Zen Cart の日本語公式サイト Zen-Cart.JP も05年1月からは PukiWiki で運営されています"
ISO9001品質マニュアルのCMSとして利用[マシニング加工.com]
"膨大な記録、履歴管理を要求されるISO9001マネジメントシステムにWikiを利用することで管理のコストを削減。お堅いものになりがちなISO9001システムがwikiに統合されることによって自由なマネジメントシステムに。"


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-15 (土) 15:37:49
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.1+ © 2001-2016 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.30-0+deb8u1. HTML convert time: 0.354 sec.

SourceForge.jp