table_edit.inc.php

サマリ編集可能テーブル
リビジョン1.18
対応バージョン1.4.5_1, 1.4.6, 1.4.7
投稿者qinf
投稿日2005-04-28 (木) 18:22:53

説明

http://wiki.trick-with.net/TableEdit.html みたいな表の編集が楽にできるプラグイン

設置方法

  1. table_edit.inc.phpをpluginディレクトリに入れる
  2. pngファイルをimageディレクトリに入れる

使用方法

あらかじめ「ほげふが」という表専用ページを作っておきます。 このとき、少なくとも表のヘッダは作成しておいてください。

#table_edit(ほげふが)

とすることで使用できます。

書式

#table_edit(表ページの名前 [, ソート文字列])

ソート文字列は次のように指定します。

[ソートしたい列の番号1][追加指定記号1] : [ソートしたい列の番号2][追加指定記号2]  ...

例を下にいくつか挙げておきます。

また、次の点に注意してください。

プラグイン内設定

ダウンロード

ダウンロード -> http://muffin.cias.osakafu-u.ac.jp/wiki/?plugin=attach&refer=FrontPage&pcmd=open&file=table_edit-1.18.zip (現在、attachプラグインによるXSSのためファイルを添付できないので、1.2以降のファイルはpukiwiki本家ではなく外部に置かれています)

制限 / バグ

ライセンス

PukiWikiと同じライセンスです(内部にPukiwikiソースを使用しているため)。

TODO

read.inc.phpの代わりに使用する

注意: この方法は次のような問題が生じるかもしれません。


read.inc.phpはplugin=やcmd=が指定されていない場合に内部で暗黙に呼び出されるプラグインです。 このプラグインが呼び出されるときに、代わりにtable_edit.inc.phpが呼び出されるようにすることで、 通常のページの表が編集可能になり、表専用ページが不要になります。

方法1

方法2 (バージョン1.18以前まで可能)

プラグインの置き換えは、具体的には次のような手順で行います。

  1. table_edit.inc.phpを次のように修正する(左の数値は1.16での行番号)。
     24  //define('PLUGIN_TABLE_EDIT_PLUGIN_NAME', 'read');
     25  define('PLUGIN_TABLE_EDIT_PLUGIN_NAME', 'table_edit');
     24  define('PLUGIN_TABLE_EDIT_PLUGIN_NAME', 'read');
     25  //define('PLUGIN_TABLE_EDIT_PLUGIN_NAME', 'table_edit');
    にする。
    553  //function plugin_read_action()
    554  function plugin_table_edit_action()
    553  function plugin_read_action()
    554  //function plugin_table_edit_action()
    にする。
  2. 元に戻すことができるようにread.inc.phpをリネーム(例: read.inc.php.org)する
  3. table_edit.inc.phpをread.inc.phpにリネームする

その後、てきとうなページに表を作成してみて、 表の右の列に「追加」や「削除」が追加されているか確認してください。

更新履歴

コメント


添付ファイル: filetable_edit-1.1.inc.php 2767件 [詳細] filetable_edit.inc.php 2603件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-12 (水) 00:22:09
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u10. HTML convert time: 0.403 sec.

OSDN