attachlist.inc.php

サマリ添付ファイル一覧の高速表示と一括操作ができるプラグイン
リビジョン1.0
対応バージョン1.5.3
投稿者kanateko
投稿日2022-01-22 (土) 04:39:13

アップロード画面を添付ファイル一覧付きのものに置き換えるプラグイン。 各添付ファイルの名前、ファイルサイズ、アップロード日時を表に整形して出力します。 2回目以降の表示にはキャッシュを利用するため、添付ファイルが多いページでも素早く一覧を表示できます。 また、そのページに添付された任意のファイルを選択し、複数ファイルの一括削除・凍結・解凍が可能です。

導入に際して標準のattachプラグインにいくらか手を加える必要があります。
v1.0からattachプラグインを改造する必要がなくなりました。v0.5以前からアップデートする場合はattachプラグインを元の状態に戻しておくのを忘れずに。

注:同名のプラグインが既にあることに気づかずattachlistの名前を使用してしまいました・・・。導入時に競合する場合はプラグイン名を変更してください。

主な機能

ダウンロード

インストール

プラグインの設定

ATTACHLIST_ALLOW_CACHE
キャッシュ機能を利用するかどうか。デフォルトはtrue
ATTACHLIST_CACHE_DIR
キャッシュを保存するディレクトリ
ATTACHLIST_DISPLAY_BYTE
ファイルサイズをバイトで表示する。デフォルトはfalse (キロバイト表示)

使い方

インストールの項に従ってhtml.phpを修正してある場合、ナビゲーションバーの「添付」を押すとアップロード画面 + ファイル一覧が表示されるようになります。

一応ブロック型プラグイン (#attachlist) としてページに添付ファイル一覧を表示することも可能です

添付ファイルの一括操作

添付ファイル一覧の左上に表示される「ファイルの一括操作」のリンクから操作画面に移ります。 この機能を利用する場合、ファイルの選択画面に行く前とファイル操作の最終確認画面で各1回ずつ、計2回管理者パスワードの入力が求められます。

v1.0現在、一括操作は削除・凍結・解凍に対応。 選択画面では添付ファイルの一覧から任意のファイルをチェックボックスでマークし、その後画面下の「削除」「凍結」「解凍」のいずれかを押すと確認画面が表示されます。 確認画面で操作するファイルを確認した後、管理者パスワードを入力すると処理が実行されます。

キャッシュのクリア

アクション型で以下のように入力して使うと、添付ファイル一覧のキャッシュを全て削除できます。

?cmd=attachlist

削除を実行するには管理者パスワードが必要です。

更新情報

参考リンク

導入後の画面などは自サイトを参考にしていただければと思います。 他にもいくつかのプラグインを公開していますので良かったらどうぞ。

ライセンス

GPL v3

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-26 (水) 04:44:45
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.4+ © 2001-2022 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.538 sec.

OSDN