infobox2.inc.php

サマリテンプレートを読み込んでインフォボックスを作成するプラグイン
リビジョン0.4
対応バージョン1.5.3
投稿者kanateko
投稿日2021-09-19 (日) 13:47:51

指定したページをテンプレートとし、任意の部分を指定した値に置換して表示します。個人的にMediaWiki風インフォボックスを出力可能なプラグインを探していて、丁度良さそうなinclude_templateプラグインを見つけたものの配布ページが消滅していたので、自分なりにコア機能部分の再現を試みた結果出来上がったプラグインです。

なお、私自身はMediaWikiを触ったことがないため、あくまで見た目それ風のものが表示できるというだけで書式が同じかどうかは全く知りません。

ダウンロード & インストール

必要ファイルのダウンロードとインストール手順については以下のページを参照してください。

https://jpngamerswiki.com/?d921d121ee

詳しい使い方や表示例なども掲載しています。

プラグインの仕様

使用方法

まずはテンプレートページを用意します。デフォルトのテンプレートページは「:config/plugin/infobox」に設定されています。複数のテンプレートを使い分ける場合は上記ページ以下の階層に新規ページを作成していきます (例:「:config/plugin/infobox/template1」) 。本プラグインの主な目的なインフォボックスの設置なので、基本的にはそれ用のテーブルをテンプレートページに作成しておきます。

テンプレートページを作成したら、インフォボックスを表示したいページで以下のようにしてテンプレートを呼び出します。

#infobox([テンプレート名][,オプション]){{
<キー1>=<値>
<キー2>=<値>
︙
}}

各ページにつき同一のテンプレートは1回のみ表示できるよう制限してあります。

オプション

nozoom
スマホ表示時に画像を最大化しないようにする
class=xxx
インフォボックスに任意のクラスを追加する
except=xxx
正規表現で指定した文字列を含む行を非表示にする

使用例

使用例として、配布ページで使用しているプラグインの記述とテンプレートページのソースを記載しておきます。

表示ページ側のプラグインの記述

#infobox(plugin){{
name=infobox.inc.php
pukiwiki=1.5.3
ver=0.4
update=2021-08-04
}}

テンプレート側のソース (ページ名:「:config/plugin/infobox/plugin」)

|>|~{{{name}}}|h
|RIGHT:100|180|c
|~製作者|kanateko|
|~ライセンス|GPLv3|
|~バージョン|{{{ver}}}|
|~動作確認|PukiWiki {{{pukiwiki}}} ~|
|~最終更新|{{{update}}}|

ライセンス

GPL v3


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-19 (日) 13:47:51
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.696 sec.

OSDN