matrix_list.inc.php

サマリマトリックス(2次元組み合わせ)表示プラグイン
リビジョン1.0
対応バージョン1.4.7
投稿者phantomo?
投稿日2006-11-16 (木) 14:14:06

特徴

:config/plugin/matrix/ 以下に設定ファイルを2つ置き、そのconfigファイルを指定することで、 X-Yの組み合わせ表を自動生成するプラグイン。

書式

#matrix_list(横方向設定ファイル,縦方向設定ファイル,[base])

使い方

例:

Y方向configファイル内容(:config/plugin/matrix/Y-setting)

|~項目名|h
|Y11111|
|Y22222|
|Y33333|
|Y44444|

X方向configファイル内容(:config/plugin/matrix/X-setting)

|~項目名|h
|X11111|
|X22222|
|X33333|
|X44444|
|X55555|

記述

#matrix_list(Y-setting,X-setting)
Y11111Y22222Y33333Y44444
X11111--------
X22222--------
X33333--------
X44444--------
X55555--------

こんな表が出来ます。たとえば、Y33333とX55555の交点を選択すると ($base)/X55555/Y33333 のファイルを表示します。

ファイルが存在する場合には、表にはファイルの1行目のみをピックアップして表示します。 また、マウスカーソルを合わせるとtooltipにて10行目までの概要を表示します。

Wikiは直線的Tree構造を構築するには非常に便利極まりないファイル?文書? システムだと思うのです。それにあわよくば平面的データを乗っけてしまおう! とつくってみました。 たとえば、時間割や、プログラム名とバージョンの一覧等々、二次元表記したいものは沢山あるかと思います。 そんな皆様のお役に立てば・・。

ちょっと便利な使い方

たとえば・・includeparagraphプラグインをあらかじめ用意しておくと、 ($base)/X11111に

#includeparagraph(($base)/X11111/*,,LEVEL=2);

と記述しておくと、X11111/*の一覧(横方向)を抽出可能です。

同様に・・ ($base)/Y11111に

#includeparagraph(($base)/*/Y11111,,LEVEL=2,EXACTMATCH);

と記述しておくと、*/Y11111の一覧(縦方向)を抽出可能です。

ファイル自体は?

ここにはupload出来ないんですね。

ご意見ご感想等

  • どこで落とせるのでしょうか? -- 通りすがり? 2007-01-10 (水) 15:14:04
  • うう、便利そうなのでぜひ使ってみたいのですが、入手方法を掲載してもらえないでしょうか? -- 2008-01-26 (土) 00:18:03


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-25 (金) 15:40:18
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u7. HTML convert time: 0.256 sec.

OSDN