recentdetail.inc.php

サマリ更新の時期別にグループ表示できるrecent
リビジョン1.1
対応バージョン1.4.2
投稿者Yuichirot?
投稿日2004-04-05 (MON) 19:24:03

概要

recentに、更新時期別のグループ表示機能を組み込んだプラグインです。 例えば以下のように表示されます。

最新の30件
1時間以内に更新
・おすすめアプリ (29m) 
1日以内に更新
・らくがき帳 (2h) 
1週間以内に更新
2004-04-16
・リンク集 
・GPLとは 
2004-04-15 
・おすすめCD

このプラグインを使うことで、各ページの更新時期がわかりやすくなると期待できます。

書式

#recentdetail(件数,経過時間を示す文字列,...)
Ex. #recentdetail(30,"30m","1h","1d","3d","1w")
  • 第1引数:「件数」
    • 表示件数を指定します。省略時は10件です。
  • 第2..第n引数:「経過時間を示す文字列」
    • 区切りたい経過時間(「○○以内に更新」の○○にあたる部分)を示す文字列を指定します。たとえば次のように。
      "20m" (20分)
      "1h30m" (1時間30分)
      "3d" (3日)
      "2w" (2週間)
    • 省略時は"1h","1d","1w"となります。
    • 時間を示す文字は、'm'(分)、'h'(時間)、'd'(日)、'w'(週間)の4種類です。
    • 経過時間を示す文字列を複数指定するときは、経過時間が短いほうから順にならべてください。
      ○ #recent(30,"30m","1h","2d","3w")
      × #recent(30,"3w","2d","1h","30m")

ファイル

インストール

ダウンロードし、(ファイル名をrecentdetail.inc.phpと変更して)pluginディレクトリに置いてください。

更新履歴

  • 1.1(2004-05-07)
    • 正規表現を用いて経過時間を示す文字列を解析するのをやめました。
  • 1.0(2004-04-18)
    • 大幅改良しました。
  • 0.1(2004-04-05)
    • 作ってみました。

既知の問題

  • 「経過時間を示す文字列」を指定してもそれが生きず、デフォルトのままになってしまうことがある。(解決済)
    • 少し調べてみますと、本プログラムで用いている正規表現マッチ関数eregの振る舞いがphpのバージョンによって(?)違ってくるため、このような問題が起きるようです。もう少し調査が必要です。なお、PHP Version 4.3.4、pukiwiki 1.4.3ではうまくいっています。
    • Ver.1.1より正規表現を使うのをやめました。これによってこの問題は解決されました。

コメント



Counter: 9699, today: 1, yesterday: 0

添付ファイル: filerecentdetail-v1_0.inc.php 855件 [詳細] filerecentdetail.inc.php 1932件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-08-21 (土) 00:59:47
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u7. HTML convert time: 0.426 sec.

OSDN