webtojpeg.inc.php

サマリ指定したURLのスクリーンショットを取得するプラグイン(Webtojpegサービス使用)
リビジョン1.1
対応バージョン1.4.7
投稿者sio
投稿日2007-3-26 (月) 08:08:00

基本情報

プラグイン名
webtojpeg
書式
#webtojpeg(URL[,オプション])
オプション
幅,高さ,リンク
引数説明 (説明[デフォルト値])
URL(表示したいページのURL。必須)
幅(ピクセル[240])
高さ(ピクセル[360])
リンク(しない=0 する=1 [1])
概要
2007年3月現在、快調に動作しているWebスクリーンショット提供サービスWebToJpeg用のプラグインです。 出力画像サイズの幅・高さが指定できます。

注意

WebToJpegサービスにはiframe/img/JavaScriptと3通りの出力形式が存在しますが当プラグインはJavaScriptでの出力となりますので、ALT属性は指定できません。

ダウンロード

webtojpeg.zip(http://ai-line.com/linux/dat/webtojpeg.zip )

インストール

webtojpeg.zipを解凍してできるwebtojpeg.inc.phpをpluginディレクトリにアップロードするだけです。

ライセンス

GNU General Public License(GPL)

更新情報

1.0
リリース
1.1
Snap Preview Anywhere導入時のSS二重表示防止対策。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-28 (火) 21:16:10
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u7. HTML convert time: 0.536 sec.

OSDN