2ちゃんねる・ひろゆき敗訴の影響について

ご存じのとおり、2ちゃんねる掲示板の管理人・ひろゆきが記事の削除をめぐって動物病院から名誉毀損などの理由で訴えられ、敗訴しました。ひろゆきは控訴する方針らしいですが。

ひろゆきが勝った負けたはどうでもいいですが(笑い)、問題は判決内容です。匿名(ここでいう匿名とはいわゆる「名無しさん」だけでなく、身元を特定できないハンドル名・ニックネームの類いも含む)の掲示板における書き込みについて、個人を特定する立証責任は掲示板管理人にあるとした点です。

この判決にしたがうならば、PukiWikiでも書き込み時のログを記録する必要があるほか、proxy制限などもしなければならなくなるでしょう。実際、ウェブ掲示板のCGIの一部にはそのような機能を持つものも少なくないですし、2ちゃんねる掲示板ですらproxy制限などを導入しています。

管理人だからって、すべての書き込みを注視していなければいけないというのは、少々現実離れの話のような…。PukiWikiもページが増えたら管理人が書き込みに気づかないということは容易に起こり得る話ですよね。PukiWikiの場合、掲示板と違って、「一覧」で見ない限り存在も気づかない孤立したページが当たり前に作れるわけですから、ある意味、より深刻かもしれません。-- reimy


2ch管理人VS動物病院裁判の判決文が公開


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-11 (火) 06:43:14
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.355 sec.

OSDN