ケータイからPukiWikiを閲覧してやる

けーたいからPukiWikiを閲覧できるとちょっと嬉しい人がいるかもしれません。改造方法をここに掲載します。1.3.3限定です。PHP は、マルチバイト関数に対応している必要があります。--enable-mbstring を指定して config しましょう。by nitoyon?

※PukiWiki 1.4系列は、実装形態は異なりますが、標準でサポートされています。

特徴

  • J-Phoneとドコモに対応
  • ページのデータはPC用のPukiWikiと共用
  • できるだけHTMLが軽くなるように最適化してケータイに送信
  • 長いページは複数ページに分割(タグが途中でとぎれることはある...)
  • 編集やコメント投稿も可能(不可能な場合もある^^;)

サンプルページを添付してあります。< sample.htm

インストール方法

基本的に、PukiWikiの URL に i をつけた感じでアクセスできるようにしています。http://pukiwiki.sourceforge.jp/ の場合は、http://pukiwiki.sourceforge.jp/i/ でアクセス出来るようにします。

  1. 本家の PukiWiki をインストールしているフォルダにケータイ用のフォルダを作り、このフォルダに移動します。ここでは、~/public_html/pukiwiki/ にPukiWikiがインストールしてあり、ケータイ用のフォルダを i とします。

    $ cd ~/public_html/pukiwiki/
    $ mkdir i
    $ cd i/
  2. ケータイ用ディレクトリに移動し、PukiWiki1.3.3 アーカイブに含まれるファイルのうち pukiwiki1.3.3/*.php, pukiwiki1.3.3/ja.lng のみを利用します。

    $ wget http://pukiwiki.sourceforge.jp/download/pukiwiki1.3.3.tar.gz
    $ tar zxvf pukiwiki1.3.3.tar.gz
    $ mv pukiwiki1.3.3/*.php pukiwiki1.3.3/ja.lng ./
    $ rm -rf pukiwiki1.3.3/
  3. パッチをダウンロードし当てましょう。

    $ patch -p0 < k-taiwiki.diff
  4. ケータイ用ディレクトリに skin フォルダを作り、ケータイ用スキンをダウンロードします。~/public_html/wiki/i/skin/pukiwiki.skin.ja.php という感じ。

改造箇所

どこを改造したか。さらに改造する人のためのドキュメント。

  • init.php

    SJISでポスト可能にする。携帯はSJISオンリーですから。

  • make_link.php

    リンクのタイトルを削除。できるだけHTMLを軽くする工夫。

  • pukiwiki.ini.php

    ディレクトリの設定。DATA_DIR などをひとつしたのディレクトリのものを使うようにすることで、PC用と同じデータになる。その他、$load_template_func=0にして編集するときに雛形を指定しないようにする。これがあるとサイズが大きくなり携帯で編集できない。その他、HTMLを表示でき、かつ軽くするための仕掛けを少々。

  • pukiwiki.skin.ja.php

    ここは完全に更新。$bodyをSJISにして転送するようにしている。他にも、分割機能やアクセスキーの機能を盛り込んでいる。

使い方

テキストエリア(編集用フォーム)の大きさを携帯用に調整する必要があります(pukiwiki.ini.phpを変更)。カラム数=20、行数=5あたりが適当?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-12 (火) 03:38:40
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.1+ © 2001-2016 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.38-0+deb8u1. HTML convert time: 0.286 sec.

OSDN