xreaへの設置

PHP も使えるフリーサーバ 「XREA(http://www.xrea.com/)」へのPukiWiki導入のポイントです。
x-beat.comに設置に関する話題やCGIとして動かすときは、xrea.comヘの設置/CGIをご覧ください。

xreaに設置するための設定

注意
XREAサーバの仕様は各サーバによって(s○○ の番号)それぞれ異なりますので、 一概にこの方法で上手くいくとは限りません。

パーミッションの設定

パーミッション設定は「readme.txt」や「PukiWiki/Install」等の 記述を読み替えて設定する。
下記のように読み替えて設定しないと動作しないサーバ設定になっている。

  • 755 -> 705
  • 777 -> 707
  • 644 -> 604
  • 666 -> 606

→(現在は?サーバによっては?)755 などでも問題ありません。

attach(添付)について

xreaに設置していると、たまに添付ファイルの実体の所有者がapache_sharedになってしまい、ファイルのパーミッションが400なため自分でもバックアップがとれなくなってしまうことがあります。
これを防ぐために、plugin/attach.inc.phpの冒頭部を変更します。
既に作成してしまった場合は既にパーミッション 0600 or 0400 のファイルを作ってしまっていたらの項を参照してください。

修正前

// ファイルのアクセス権
define('PLUGIN_ATTACH_FILE_MODE', 0644);
//define('PLUGIN_ATTACH_FILE_MODE', 0604); // for XREA.COM

修正後

// ファイルのアクセス権
//define('PLUGIN_ATTACH_FILE_MODE', 0644);
define('PLUGIN_ATTACH_FILE_MODE', 0604); // for XREA.COM

→(現在は?サーバによっては?)修正する必要はありません。

広告自動挿入の停止

xrea の広告自動挿入機能を停止しないと、「Internel Server Error」「RSSが表示されない」 「添付した画像が表示されないor文字化けして表示される」などのエラーが起こります。

index.php が存在するディレクトリにある .htaccessに以下のソースを追加することで停止できます。

LayoutIgnoreURI *

広告を手動で挿入する

.htaccessにより広告が自動挿入されなくなるので手動で 「.\skin\pukiwiki.skin.php」の102行目辺り

</div>
//この辺にxreaの広告のソースをいれる。
<div id="navigator">

この時「pukiwiki.skin.php」の文字コードがEUCでエンコードされているので、 EUCに対応したエディターで保存すること。
xreaの手動の広告コードは「管理画面」から入手できます。

XHTML 1.1でIFRAME要素はサポートしていない場合は、 下記のコードの「ID.s*(あなたのIDとサーバー)」の部分を変更して挿入してください。

<a href="http://ad.xrea.com/ad_click.fcg?site=ID.s*.xrea.com&amp;num=1">
<img src="http://ad.xrea.com/ad_img.fcg?site=ID.s*.xrea.com&amp;num=1" width="468" height="60" alt="広告" /></a>

xreaへ設置するための参考サイト

その他

既に0600 or 0400 のファイルを作ってしまっていたら

パーミッションが 0600 or 0400 のファイルは添付ファイルを参照するにも障害が出ますし、 FTP ソフトでローカルにバックアップすることもできません。
なのでdev:開発談義に置いてある「chmodall.php」を使うか手動で 現状のパーミッションを変換すること。 「chmodall.php」の説明は過去ログであるdev:開発談義/5に書いてあります。

また,XREA側の仕様変更により,日曜日の5:00~7:00の間に自動的にパーミッションの変更が行われるようになりましたので,一週間待てば自動的に解決されます.

カウンターについて

別のサーバーから移行する際、counter.inc.phpの一部を変更すると綺麗に移行できます。

修正前

// Counter file's suffix
define('PLUGIN_COUNTER_SUFFIX', '.count');

修正後

// Counter file's suffix
define('PLUGIN_COUNTER_SUFFIX', '.count', 0606);

→(現在は?サーバによっては?)修正する必要はありません。

運営上の注意

  • public_htmlにPukiWikiへリンクした index.htmlを設置する(index.htmlがないとアカウント削除対象になります) 「index.php」があれば大丈夫なようです。
  • 設置後1~2日は設定が不安定になる傾向があるようです。
    アカウント新規取得後の場合で原因不明のエラーが出たら、しばらく様子見しましょう

XREAでkakasiを使う

PukiWiki/Install/xrea.com/kakasiを使うに移動

海外からのPOSTを許可

いつからか海外からのPOSTがデフォルトで拒否されるようになりました。許可したい場合は .htaccess に

<Limit POST>
order allow,deny
allow from all
</Limit>

を追加します。

古い情報

注意
コメントから抜粋した古い情報です。
現在のPukiWikiに適応する問題かどうかは分かりません。

仕様と仕様のぶつかり合いによるエラー

”Warning: Call-time pass-by-reference has been deprecated - argument passed by value; If you would like to pass it by reference, modify the declaration of array_walk(). If you would like to enable call-time pass-by-reference, you can set allow_call_time_pass_reference to true in your INI file. However, future versions may not support this any longer. in /***/***/public_html/pukiwiki/plugin/pcomment.inc.php on line 95”

↑こんなエラーメッセージが出るようになりました。
http://sb.xrea.com/archive/index.php/t-8128.html によると、 サーバの仕様だそうですが・・・

  • 実際に1.4.4(ですよね?)の該当行は Call-time pass-by reference をしていますから、 これは仕様と仕様のぶつかり合いです。→ 「array_walk(func_get_args(), 'pcmt_check_arg', &$params);」
  • & $parms の部分がそうです。
  • 引数を値で受け取るか、参照で受け取るかという関数のインターフェース仕様は 固定であるべきなので、PukiWikiのこの部分をうまく直すべきだと認識しています。 でも以前やってみて失敗しました (^^; 一筋縄では行かない様なので、 興味がある方はチャレンジしてみてください。

XoopsでWiki

Xoopsを導入しています。
Wikiのモジュールを作った人がいてそれをXoopsに入れました。
全く問題もなく動作し、導入も超簡単でおどろいた。

ローカル環境がUNIX系なら

ローカル環境がUNIX系なら、ダウンロードファイルを一度ローカル環境で umask 070 実行後に展開し、tar で固めてputするのがお手軽です。 サーバ上ではsshログインしtarで再展開かけます。

.htaccess と robot.txt

.htaccess を <FilesMatch "\.(ini\.php|lng\.php|txt|gz|tgz)$">
としているのですが、下層ページのドメイン内で検索ロボットがrobots.txt を読まなくなってしまいました。何か改善方法はありませんでしょうか?

  • 外してるかもだけど、txtが入っているからでは? -- 2005-02-22 (火) 01:55:00
  • それはそうなんですが・・・。 たぶんこれはSPAMによる投稿でスパムビーコンの実行を不可にする為と、 一般投稿者からのファイル投稿で各ファィルが実行されないようにする為だと思うのですが、 .htaccessからこの部分を外すことによってスパムビーコンが実行されることが あるのかという疑問です。また、現在はデフォルトのhtaccessにあった「zip」 の部分は削除しています。デフォルトのhtaccessのままでは、zipがDL不可でしたので。 他のXREAのユーザさんはどうされているのでしょうか?robots.txtは使っていないのでしょうか? -- 2005-02-22 (火) 04:41:56
  • この場合の.htaccessの仕事は実行の抑止ではなく、あくまでもアクセス禁止ですよね :) そのzipの制限は、PukiWikiのzip版パッケージのための指定について言われているのだと 思いますが、PukiWikiを設置しているディレクトリに何か他のファイルを置いて、 ダウンロードさせたいというのは・・・ちょっとニーズが特殊ではないかと思います。 ファイル受け渡し用に別途ディレクトリを作り、そこに受け渡したいファイルを置くのはいかがでしょうか。robots.txtは現状の.htaccessだとはじかれてしまうと思います。とりあえずFilesMatchを書き換えるのが早いと思います。外していたらすいません。 -- henoheno 2005-02-22 (火) 22:21:40
  • ZipファィルはPukiWikiのZipではなく、XREAでドメインを複数持っているのでpublic_html以下にPukiWikiを置いている場合、public_html/ドメイン内のコンテンツ全てにPukiWikiの.htaccessが影響を受けてしまうのです。つまりpublic_html/index.phpがPukiWikiで、public_html/ドメイン/index.phpがPukiWiki以外で構成されています。XREAユーザでは、同様に利用されている方も多いと思います。~とりあえずセキュリティ面で若干不安は残りますがFilesMatchの書き換えで対応します。ありがとうございました。 -- 2005-02-23 (水) 01:12:40

コメント

  • XREAをご利用のみなさん、trackbackって正常に機能していますか? うちのpukiwikiではtrackbackを受けると文字化けしてしまいます。XREAの問題か単純に設定の問題か切り分けられなかったので、教えてください。 -- がす? 2004-09-21 (火) 02:14:04
  • dev:Web委員/6より、このページをとりあえずまとめました。項目を3つに別けcontentsで目次を振るようにし、コメントをまとめたので以前より大分見やすくなったかと思います。何か問題がある点があれば報告もしくは修正おねがいします。 -- 2005-12-03 (土) 14:39:46
  • 勝手ながら、カウンターについて追記しておきました。変でしたら修正お願いします。 -- 2005-12-31 (土) 14:32:06
  • 関連?dev:メール通知 -- 2006-02-13 (月) 20:10:56

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 21:02:23
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.1+ © 2001-2016 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.33-0+deb8u1. HTML convert time: 0.335 sec.

OSDN