カテゴリー機能

概略

PukiWiki-1.4には、現在のページにリンクを貼っているページ一覧を表示する機能があります。 この機能を使用することにより、各ページをカテゴリ分けすることができます。

例えば「カテゴリ」というページを作成、「ページ1」、「ページ2」に

[[カテゴリ]]

というリンクを貼ると「カテゴリ」ページで

#related

と記述することにより、「カテゴリ」ページにリンクを張っているページを一覧することができます(「ページ1」、「ページ2」が表示される)。このことを「カテゴリ」に属しているページを一覧している、と考えることでカテゴリ分け、と考えることができます。

実用的には「カテゴリ」ページは特別なカテゴリページ群として区別するために、 「Category/カテゴリ名」というページ名ルールを用いたり「:カテゴリ名」と先頭に : をつけて隠れページ化 (隠れページの定義は pukiwiki.ini.php の $non_list でされています)するなどして利用します。

PukiWiki標準機能

関連自作プラグイン

カテゴリー機能、使ってます?

カテゴリーといったかたちでWikiのページをグループ分けする機能。整理のために利用していますか? 使いやすさはどうでしょう?


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-29 (日) 11:12:22
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.121 sec.

OSDN