** cssj.inc.php [#dca98407]
* cssj.inc.php [#dca98407]
|RIGHT:100|LEFT:360|c
|~サマリ|高品質印刷用PDF出力プラグイン|
|~リビジョン|1.0|
|~リビジョン|1.1|
|~対応バージョン|1.4.5_1|
|~投稿者|[[miyabe]]|
|~投稿日|&new{2005-07-24 (日) 03:56:52};|
*** 概要 [#g5a7d277]

[[PDF版:http://www.cssj.jp/java/forum/actions/download.act?id=23]]

** 概要 [#g5a7d277]

[[CSSJ:http://www.cssj.jp/]]を用いてPDFを出力できるようにするプラグインです。

任意のページからPDFを生成します。
*** 動作環境 [#u7d590d0]

Paged media 対応のCSSが利用できるため、見出しの後の改ページを避けるなど、
一般的なブラウザで印刷するよりも高品質な印刷結果が得られます。
[[CSSJサーバー>http://www.cssj.jp/download/server.html]] 1.2.0以降が必要です。
とりあえずは[[試用キー>http://www.cssj.jp/java/keygen/evaluate.html]]を使ってください。

*** ダウンロード [#q6b2b055]
CSSJサーバーを動かすためには、[[JavaVM(J2SE 1.4.1以降)>http://java.sun.com/j2se/1.4.2/ja/download.html]]が必要です。

*** 主な機能 [#q0d04269]

- 任意のページをPDF化します。
- 複数のページをまとめて完全なドキュメントを作ります。

** ダウンロード [#q6b2b055]

[[こちらのページ:http://www.cssj.jp/download/application.html]]
からダウンロードしてください。

また、別途[[CSSJサーバー:http://www.cssj.jp/download/server.html]]が必要です。
とりあえずは試用キーを使ってください(買っていただけると有難いですが...)。
** 導入方法 [#s2896dd5]

*** 導入方法 [#s2896dd5]

アーカイブに含まれるpluginディレクトリとskinディレクトリを、PukiWikiの同名のディレクトリにそのまま上書きしてください。

次に、plugin/cssj.inc.phpをテキストエディタで開き、$port,$user,$passwordの値をCSSJ Serverに接続できるように設定してください。
次に、plugin/cssj.inc.phpをテキストエディタで開き、$port,$user,$passwordの値をCSSJサーバーに接続できるように設定してください。

"?cmd=cssj&page=ページ名"という文字列をURLの後につけてPukiWikiにアクセスすることで、該当するページをPDFに変換したものが得られます。例えば、"http://localhost/pukiwiki.php?FrontPage"のPDF出力が欲しい場合は、"http://localhost/pukiwiki.php?cmd=cssj&page=FrontPage"へアクセスしてください。
** ページのPDF化 [#xd97e012]

*** カスタマイズ [#aa87f152]
''?plugin=cssj&title=タイトル&pages=ページ名1,ページ名2,ページ名3..''という文字列をURLの後につけてPukiWikiにアクセスすることで、1つまたは複数のページをまとめて指定されたタイトルのPDFに変換することができます。タイトルを省略した場合は、最初のページの名前が使われます。

接続方法等のカスタマイズはplugin/cssj.ini.phpを編集してください。
例えば、http://localhost/pukiwiki.php?FrontPageのPDF出力が欲しい場合は、http://localhost/pukiwiki.php?plugin=cssj&pages=FrontPageへアクセスしてください。

PDFの出力オプション等は[[CSSJのドキュメント:http://www.cssj.jp/docs/index.html]]を参照してください。
** インラインプラグイン [#k1f0d5a9]

PDFのスタイルをカスタマイズするにはskin/cssj.cssというスタイルシートを編集してください。
PDFへのリンクはインラインプラグインを利用して作ることもできます。以下の書式で記述してください。

*** 制限事項等 [#q608d158]
''&cssj''''(title,page1,page2,page3...){content};''

現状では、localhost(127.0.0.1)以外にあるCSSJ Serverを利用する場合、CSS,画像などのリソースが適用されません。
titleはPDFのタイトルで、page1,page2,page3...は変換対象のページ名です。
ページ名を省略すると、インラインプラグインが記述されたページ自身が対象となります。

出力したPDFファイルをcacheディレクトリに蓄えるため、ページを編集した後、2度目以降のアクセスは高速になります。
contentはリンクに表示される文字列です。省略すると、タイトルが使われます。

*** ライセンス [#jc515788]
** カスタマイズ [#aa87f152]

必要に応じて、以下のファイルを編集してください。
:plugin/cssj.ini.php|CSSJサーバーの接続設定、PDF出力オプション、一部のスタイル情報。
:skin/cssj.css|出力スタイル。

PDFの出力オプション等は[[CSSJのドキュメント>http://www.cssj.jp/docs/index.html]]を参照してください。

CSSによるスタイル付けはW3Cの[[CSS 2.1>http://www.w3.org/TR/CSS21/]]に従います。
印刷に関するものは[[Paged media>http://www.w3.org/TR/CSS21/page.html]]の章で解説されています。

また、CSS2の[[邦訳>http://www.y-adagio.com/public/standards/tr_css2/toc.html]]と
CSS2.1での[[変更点>http://www.d-toybox.com/spec/CSS2.1/appendixC/]]が公開されています。

** 制限事項等 [#q608d158]

CSSJサーバーはネットワークでつながった別のハードウェア上にあっても構いませんが、
画像などのリソースへはCSSJサーバーからHTTPでアクセスできなければなりません。
そのため、ファイヤーウォールやDNSの名前解決の問題により、ネットワーク環境によって画像などが表示できない可能性があります。

出力したPDFファイルをcacheディレクトリに蓄えるため、いずれかのページを編集した後、2度目以降のアクセスは高速になります。キャッシュのキーとして、ページ名を連結したものに対するMD5ハッシュが使われるため、衝突する可能性はゼロではありません。また、いろいろなページの組み合わせでPDFを出力すると、その分だけキャッシュにPDFファイルがたまります。

** ライセンス [#jc515788]

[[CSSJドライバライセンス:http://www.cssj.jp/download/driver.html]]と同等の条件です。

#comment


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.420 sec.

OSDN