**c2png.inc.php [#k49e58fb]
|RIGHT:100|LEFT:360|c
|~サマリ|文字列を画像に変換して表示するプラグイン|
|~リビジョン|0.03|
|~対応バージョン|1.4|
|~投稿者|[[upk]]|
|~投稿日|&new{2003-12-23 (火) 21:14:34};|

***掲載先 [#n535a6f3]
[[upk:自作/プラグイン/c2png.inc.php]]
[[upk:Plugin/c2png.inc.php]]

***コメント [#r46091ad]
-[[reimy]] &new{2004-01-05 (MON) 04:22:15};
~環境によっては、1行目の <? を <?php に変更しないとエラーになります。
-[[reimy]] &new{2004-01-05 (MON) 04:25:04};
~メルアド収集対策に使う場合には、まともに &c2png(hogehoge@exsample.com); というように指定すると、プラグインに渡す引数としてそのままメルアドの文字列がaタグの中に入ってしまい、意味がなくなるので、下記のように変更するといいかも。
 function plugin_c2png_inline()
 {
     global $script;
     list($c) = func_get_args();
     if (empty($c)) return;
 +   $c = str_replace('@','_at-mark_',$c);
     $font = 5;
-
 function plugin_c2png_action()
 {
     global $vars;
     $c = (empty($vars['c'])) ?  0 : $vars['c'];
 +   $c = str_replace('_at-mark_','@',$c);
     return c2png($c);
 }
~こうしておけば、aタグの中では@が_at-mark_に変換されたものが入る。
-[[upk]] &new{2004-01-05 (MON) 15:03:26};
~気楽に作ったものだったので、ショートタグは、ぼけておりましたので修正しました。あと、メアドも、まぁなぁ、程度だったんですけど、対応しておきました。
-[[名無しさん]] &new{2004-03-29 (MON) 07:26:06};
~&color(red){XSSの脆弱性が存在します。};
 +      $c = htmlspecialchars($c);
        return <<<EOD
 -  <img src="$script?plugin=c2png&amp;c=$c" width="$w" hight="$h">
 +  <img src="$script?plugin=c2png&amp;c=$c" width="$w" hight="$h" />
    EOD;
--[[upk]] &new{2004-03-30 (TUE) 00:46:42};
~対応しました。バグ出しまでしていただき、ありがとうございます。

- このプラグインは開発が停止しているとの告知が入っており、現在は公開も停止されています。ライセンスの確認を含めた今後の対応について確認中です(See [[upk]]) -- [[henoheno]] &new{2006-03-31 (金) 00:29:54};

#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.092 sec.

OSDN