#author("2021-12-15T22:44:14+09:00","","")
#author("2021-12-30T03:33:18+09:00","","")
** markdown.inc.php [#z5dc76f5]
|RIGHT:100|LEFT:360|c
|~サマリ|Markdown テキスト整形ツールのプラグイン化|
|~リビジョン|1.21|
|~対応バージョン|1.5.x, 1.4.6|
|~投稿者|[[sonots]]|
|~投稿日|&new{2006-06-11 (日) 09:18:51};|
**概要 [#g641992a]
このプラグインはある Pukiwiki ページの一部分、もしくは全体を Markdown テキスト整形文法で記述することを可能とします。

詳しくいうと、単純に引数で与えられたテキストを PHP Markdown に渡し、生成された HTML コードを返します。実質的には、Markdown そのものは入力された HTML タグをそのまま流してしまうので、セキュリティのために入力されたHTMLタグを strip_tags() で取り除いた後に渡しています。

自分でこれを使用する予定はないのですが、簡単に Pukiwiki を Pukiwiki 以外の文法で記述可能にできるという、紹介で作ってみました

**詳細 [#p803ad9f]
詳しくは[[sonots:markdown.inc.php]]  へ。

----

** PHP8.1 & Markdown PHP 1.9.1対応版 byはいふん [#idc5ee5d]
使い方はおそらく、[[sonots様のもの>sonots:markdown.inc.php]]と同様です。
*** ダウンロード [#lfe2350d]
- markdown.inc.php(v1.21): [[osdn.jp:downloads/users/37/37376/markdown.inc.php/]]
//https://drive.google.com/file/d/1V57kr-HF-LYW-UNfgiCi8YgS84PyLqMW/view?usp=sharing

*** 導入方法 [#s472b49a]
+ https://michelf.ca/projects/php-markdown/ からMarkdown PHP 1.9.1をダウンロードしてプラグインフォルダに「Michelf」を放り込んでください。
+ ダウンロードからmarkdown.inc.phpをダウンロードし、プラグインフォルダに入れてください。
+ pukiwiki.ini.phpのPKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACKの値を0にして複数行引数を使えるようにしましょう。

*** ライセンス [#q4539d16]
ライセンスはsonots様のページの方でGPLとなっていたので従ってGPLとします。

*** コメント [#ycdeee20]
- はいふんさんが作ってくださったv1.21に少し手を加えて、このプラグインのMarkdown記述内でもPukiwikiブロックプラグインが動作するようにしました。プラグインの使い方は #plugin の代わりに !plugin と表記します。またリンクもPukiwiki記法とMarkdown記法の両方が使えるようにしています。 [[github.com:m0370/pukiwiki_markdown.inc.php]] -- [[m0370]] &new{2021-12-30 (木) 03:33:18};

#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.4+ © 2001-2021 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.061 sec.

OSDN