** tagcloud.inc.php [#gd987dbc]
|RIGHT:100|LEFT:360|c
|~サマリ|TagCouldを表示するプラグイン|
|~リビジョン|1.0 (リンク切れ 開発終了?)|
|~対応バージョン|1.4.6|
|~投稿者|[[志田]]|
|~投稿日|&new{2006-05-04 (木) 10:31:22};|

**サンプル [#h8a15916]

http://www.ark-web.jp/sandbox/wiki

** チュートリアル - Wikiページにtagをふる、TagCloudを表示する、tagが振られたページ一覧を表示する [#p237844f]
+例えば「Google Maps」というWikiページを用意し、「Web2.0」というタグを振りたいとします。&br;「Google Maps」のwikiページから、次のようにリンクを張ります。
 [[Web2.0>tag/Web2.0]]
+「tag/Web2.0」というWikiページを新規に用意して次のような内容にします。
 #related
これで、「tag/Web2.0」のページには「Google Maps」へのリンクが表示されます。&br;''この「tag/Web2.0」のページが、「Web2.0」というタグが振られたページ一覧を表示する役割をします。''
+たとえばトップページ(FrontPage)にTagCloudを表示したいとします。&br;この場合、FrontPageに
 #tagcloud(tag)
と記述します。&br;tagcloudプラグインは「tag/XXXX」というページを検索し、検索されたぺ−ジに対して、参照されている数(=#relatedの結果、表示されるページ数)をカウントし、TagCloud形式で表示します。&br;この場合「tag/Web2.0」というページが存在し、「tag/Web2.0」に対して「Google Maps」というページからリンクが張られているので、リンクを張っている数が「1」、であることをtagcloudプラグインはカウントします。&br;このように「tag/XXX」に対してリンクされている数をカウントしていって、カウントが大きいページは、フォントサイズも大きく表示します(フォントサイズは一緒に配布されているCSSファイルによって制御されます)。
+ Web2.0のリンクをたどると、「tag/Web2.0」のページに遷移し、このページでは、#relatedが「Google Maps」へのリンクを表示します。

**ダウンロード [#p05594d2]

&ref(http://www.ark-web.jp/sandbox/wiki/misc/tagcloud-1.tar.bz2);
~%%リンク切れてるじゃん!!%%
~↑復活してるよ

**ライセンス [#db70ae1b]

[[GPL:http://www.opensource.jp/gpl/gpl.ja.html]]です。

**ファイル構成 [#sba40064]
-plugin/tagcloud.inc.php
-skin/tagcloud.css
-lib/TagCloud.class.php

**インストールの仕方 [#w679f54c]
:plugin/tagcloud.inc.php|pluginディレクトリに入れます。
:skin/tagcloud.css|skinディレクトリに入れ、skin/pukiwiki.skin.phpの<head>タグのあたりに
 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="skin/tagcloud.css" />
の記述します。
:lib/TagCloud.class.php|libディレクトリに入れます。


** tagcloud.inc.php [#r1437e14]

:書式|#tagcloud([パターン],[表示数])
:種別|ブロック型プラグイン
:概要|指定したパターンで始まる各ページに対して、リンクされている数をカウントし、それらのページをtagcloudで表示します。&br;tagcloudの表示には、astronoteさんのTagCloudクラスを使用しています。astronoteさん、ありがとうございます。&br;http://b.astronote.jp/log/eid54.html


''引数''
>
:パターン|ページ名が「パターン/XXX」となるページを検索し、その各ページに対して参照されている数をカウントします。省略すると現在のページ名が「パターン」として使用されます。
:表示数|TagCloudで表示される最大数を設定します。省略すると、定数「TAGCLOUD_MAX」を使用します。

''定数''
>
定数はplugin/tagcloud.inc.phpファイルの冒頭で定義されています。
:TAGCLOUD_MAX|TagCloudで表示される最大数のデフォルト値です。配布しているファイルでは20に設定しています。


**使用例 [#q85c06f4]
>
#tagcloud() → 「現在のページ名/XXX」の形式のページに対する参照数をカウントして、tagcloudで表示します。最大表示数は20になります。&br;#tagcloud(tag,8) →  「tag/XXX」の形式のページに対する参照数をカウントして、tagcloudで表示します。最大表示数は8になります。

**tagをふったページの名前変更 [#jd22e739]
- tagをふったページの名前変更を行なうと、1.4.6のPukiWikiでは、#relatedの結果がおかしくなるようでした。[[dev:BugTrack/327]]でバグ報告をしており、ここにパッチもコントリビュートしていますので、必要であれば参考にしてください。

**更新履歴 [#fd34a817]
 
|日時|内容|h
|2006-05-04|初版公開|

**コメント [#i70db154]
コメントをどうぞ
- 今の段階ではtagをふったり、変更したり、あと、いちいちtagページ(#relatedが記述されているページ)を用意しないといけないのですが、この辺りを簡単にできるようにしたいとも思っていますが([[in3c:PukiWiki/tagcloudプラグイン]])、まずは利用してくださる方がいるかどうか、ってことで、現段階での配布です。 -- [[志田]] &new{2006-05-04 (木) 11:02:02};
- 連絡取れずすみません。。TagCloud使ってくださってありがとうございます! とくにライセンスを定めるほどのものではありませんのでご自由にどうぞー。 -- [[terra@astronote]] &new{2006-05-04 (木) 21:41:02};
- あ、先走ってしまってすみません。ありがとうございます。m(_ _)m  -- [[志田]] &new{2006-05-04 (木) 22:16:14};
- 特定の記法をキーワード(表示/非表示 の選択可)に振ることで直ちにタグクラウドに反映されれば、俄然使いやすくなりそうですね。 -- [[-]] &new{2006-09-05 (火) 15:48:08};
- 利用させていただいてます。設計にあった入力を支援する機能について、是非導入していただけると嬉しいです。 -- [[まだ]] &new{2006-09-18 (月) 14:48:38};
- [[自作プラグイン/tag.inc.php]] --  &new{2006-09-19 (火) 09:01:43};
- タグの設定を支援するブックマークレットをつくってみました。Firefox 用ですけど、改造すれば IE とかでもいける思います。[[ココ:http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/bc/45509563_27f0/bc/8170/pw_%a5%bf%a5%b0%c0%df%c4%ea.js?bcg.9aFBu0j3aY7O]]に置いときます。 -- [[SH]] &new{2006-11-24 (金) 15:30:38};

//#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.077 sec.

OSDN