**[[質問箱3/590]] [#a6c63c60]
#author("2018-03-11T19:09:29+09:00;2007-01-26T10:27:51+09:00","","")
**[[質問箱/3590]] [#a6c63c60]
|RIGHT:70|LEFT:410|c
|~カテゴリ||
|~サマリ|文書の編集閲覧制限の方式について|
|~バージョン|1.4|
|~投稿者||
|~状態|完了|
|~投稿日|&new{2007-01-25 (木) 13:33:28};|
***質問 [#k3bfd1d9]
文書の編集閲覧制限の方式は、auth_method_typeにて設定が可能ですよね。~
そのパラメータは、~
-pagename:ページ名で判断
-contents:内容で判断

となっています。~
両方の機能を同時に使うようなことは出来ないのでしょうか?~
試しに
 $auth_method_type = 'contents';
 $auth_method_type = 'pagename';
としてみると、当然のことながらpagenameになるようで、逆にすると同様にcontentsになります。~
 $auth_method_type = 'pagename','contents';
なんてのも試してみましたが、編集をクリックした段階でエラーになります。~
このフラグ(?)は排他使用にしか対応していないのでしょうか?~
また、両方の方式でやることは無理なんでしょうか?~
よろしくお願いします。


***回答 [#e674e191]
- 現在、対応してないです。 --  &new{2007-01-25 (木) 13:59:54};
-- 回答ありがとうございます。そういう事であれば仕方ないですね。他で工夫してみます。次期バージョンとかで対応していただけるとうれしいのですが...。 --  &new{2007-01-25 (木) 14:48:32};
- こんな感じで実装できそうです。(1.4.6にて動作確認済み)&br;
php.authのl.177あたりに2行追加。
	// Checked by:
	$target_str = '';
	if ($auth_method_type == 'pagename') {
		$target_str = $page; // Page name
	} else if ($auth_method_type == 'both') {			// added <<<<<
		$target_str = $page . "\n" . join('', get_source($page)); // Its contents and Page name  added <<<<<
	} else if ($auth_method_type == 'contents') {
		$target_str = join('', get_source($page)); // Its contents
	}
で、pukiwiki.ini.phpで
 $auth_method_type = 'both';
とします。力業ですが^^; -- [[ぃぉぃぉ]] &new{2007-01-25 (木) 17:01:17};
- おお、そうですか!当方は、1.4.5_1ですが、実験してみます。成功したらまた連絡します。ところで、auth.phpですよね? --  &new{2007-01-26 (金) 08:59:41};
-- うは、おはずかしい。その通りです^^; -- [[ぃぉぃぉ]] &new{2007-01-26 (金) 09:41:33};
-- いえいえ。(^^;&br;1.4.5_1でテストしてみましたら、うまく動作していました。早速本番環境でも設定します。今回はありがとうございました。&br;これ見てやりたいと思った方へ。&br;1.4.5_1だとコメントが日本語で大体55行目辺りかと思います。(何度か他のパッチ当ててるんでちょい怪しいかも?なので、下記のコメントを検索しまよう。)&br;// 認証要否判断対象&br;の下からです。 --  &new{2007-01-26 (金) 10:21:08};

#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.069 sec.

OSDN