**[[質問箱/407]] [#b26239e8]
|RIGHT:70|LEFT:410|c
|~サマリ|設置時のエラー|
|~バージョン|1.4.2|
|~投稿者|[[名無し]]|
|~状態|完了|
|~投稿日|&new{2004-01-17 (SAT) 19:23:24};|
***質問 [#u495b0b9]
設置した時にRuntime errorと表示されしまいます。
エラーメッセージは
Error message : DATA_DIR is not found or not writable.
です。
どのようにしたら使えるようになるのでしょう?

***回答 [#p50edc40]
-[[reimy]] &new{2004-01-17 (SAT) 19:32:37};
~必要なディレクトリが存在しないか、ディレクトリのパーミッションの設定ミスです。[[PukiWikiのファイル一覧>PukiWiki/インストール/1.4系列#n878d77a]]及び[[PukiWiki/ファイルのパーミッション設定]]を参照して、設定してください。

** SELinuxの場合 [#y0bfb895]
-Fedora CoreなどでSELinuxを有効にして起動している場合もこれが出ます。 -- [[hir]] &new{2004-11-11 (木) 17:19:18};
-Fedora Core3だと確実に動きません。今試行錯誤してますが、まずは情報を載せます。http://www.selinux.gr.jp/documents/FC3-SELinuxmemo.html  -- [[zz]] &new{2005-01-05 (水) 15:42:20};

***はじめに [#nbd99fcf]
[[上記情報>http://www.selinux.gr.jp/documents/FC3-SELinuxmemo.html]]から引用して作成しました(全て自己責任でお願いします。) -- [[zz]] &new{2005-01-06 (木) 02:45:53};

***解凍方法 [#p516afae]
-ここを見てから解凍される方
 # setenforce 0
をおこなってから、解凍してください。
-ここを見る前に解凍された方~
パーミッションが適切ではありません。パーミッションを設定して下さい。

***permissiveモードでの動作確認 [#b79fbc03]
 # setenforce 0
を実行して、wikiが表示されることを確認して下さい。~
この状態でも動作しますが、さすがにやめましょう。

***とにかく動作させるには [#r6db5df5]
 # yum check-update
 # yum update
を行なうと(情報より引用)
 yum updateにより使えるようになりますが,安全性は下がります。
 httpd_tドメインが/var/www以下全て書き込み可能になりますので。
と書かれています。~
私見ですが、これでも充分だと思います。
 # setenforce 1
も忘れずに。

***さらに安全性を高めるには [#sa916138]
+ポリシーのソースをインストール
 # yum install selinux-policy-targeted-sources
もしくは
 # rpm -ihv selinux-policy-targeted-sources.1.17.30-2.19.noarch.rpm
+権限設定
 # setsebool httpd_unified 0
をしてから
 /etc/selinux/targeted/src/policy/domains/programs/apache.te

 type httpd_write_t, file_type,sysadmfile;
 create_dir_file(httpd_t,httpd_write_t)
 allow httpd_t unconfined_t:unix_stream_socket connectto;
 allow httpd_t var_lib_t:sock_file write;
を追加する。
+ファイルタイプの設定
/var/www/html/pukiwikiに解凍した場合
 /etc/selinux/targeted/src/policy/file_contexts/programs/apache.fc

 /var/www/html/pukiwiki/attach(/.*)?    system_u:object_r:httpd_write_t
 /var/www/html/pukiwiki/backup(/.*)?    system_u:object_r:httpd_write_t
 /var/www/html/pukiwiki/cache(/.*)?     system_u:object_r:httpd_write_t
 /var/www/html/pukiwiki/counter(/.*)?   system_u:object_r:httpd_write_t
 /var/www/html/pukiwiki/diff(/.*)?      system_u:object_r:httpd_write_t
 /var/www/html/pukiwiki/trackback(/.*)? system_u:object_r:httpd_write_t
 /var/www/html/pukiwiki/wiki(/.*)?      system_u:object_r:httpd_write_t
を追加する。
+ポリシーを反映
 # cd /etc/selinux/targeted/src/policy/
 # make reload
エラーが出てないことを確認の上で、
 # restorecon -R /var/www
で完了です。
 # setenforce 1
も忘れずに。
-注意
 # yum update
でupdateできると、上記の設定が消えます。

***make reloadの前にもどしたい! [#xa6d83bb]
一度、make reloadを行なって後yum update前の状態にもどすには
 # rpm -Uhv --force selinux-policy-targeted-sources.1.17.30-2.66.noarch.rpm
です。ファイルはどこかのミラーサイトから拾ってきて下さい。

***おまけ [#o8e79fd3]
http://www.selinux.gr.jp/selinux-users-ml/200411.month/589.htmlより一部引用
 余談ですが,webdav,subversion周りは,
 Fedora4に向けて,今SELinux対応しているようです。
 ただ,
 「httpd_tが全てのコンテンツフルアクセス」がデフォルトにされそうです…
なのでFedora Core3だけの問題になるかもしれません。
- [[削除予定]]: [[Q&Aに移動>Q&A/インストール#u53876c4]] --  &new{2006-01-16 (月) 11:54:41};

#comment


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.4+ © 2001-2021 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.051 sec.

OSDN