外部認証の設定の解説です。


* 外部認証とは [#k61b3760]

- 認証情報の入力・ユーザーアカウントの管理をPukiWiki外のシステムに移譲する認証方式です。
- Single Sign Onシステムと連携するために利用できます。
- Digest認証やSNS連携ログインなど、PukiWiki本体が対応していない認証を利用することも可能です。


外部認証は PukiWiki 1.5.1 以降で利用可能です。

* 仕組み [#x8b619b1]

- 認証が必要なタイミングで、設置したPukiWikiと同じサーバー内にある、PHPページ(以下、認証PHPページと呼びます)へリダイレクトが行われます。
- 認証PHPページで認証を行います。
- 認証PHP内のロジックで、SESSION['authenticated_user'] に認証に成功したユーザー名を格納します。
- 認証PHPには login_after というパラメータでログイン後のURLが指定されているので、このURLへリダイレクトを行います。
- 『SESSION['authaenticated_user'] にユーザー名が格納されていること』を以って、PukiWiki側では認証を通過したものとして扱います。
- 『SESSION['authenticated_user'] にユーザー名が格納されていること』を以って、PukiWiki側では認証を通過したものとして扱います。

* pukiwiki.ini.php 設定 [#hc9dfb11]

 $auth_type = AUTH_TYPE_EXTERNAL;
 $auth_external_login_url_base = './login/extlogin.php'

- $auth_type
-- 外部認証の場合、 AUTH_TYPE_EXTERNAL
- $auth_external_url_base
-- 実際の認証を行うPHPページのURL

** LDAP設定 (任意) [#g81ab11c]

 $ldap_user_account = 1;
 $ldap_server = 'ldap://ldapserver:389';
 $ldap_base_dn = 'ou=Users,dc=ldap,dc=example,dc=com';
 $ldap_bind_dn = 'uid=user_for_bind,dc=example,dc=com';
 $ldap_bind_password = 'xxxx';

外部認証で認証したユーザー名から、LDAP経由で情報を取得する際にはLDAPの設定を行います。詳細は [[../LDAP]] を参照してください。
不要な場合、 $ldap_user_account = 0; に設定します。

PukiWikiが取得・利用する属性は以下の通りです

- 認証ユーザーの Full name (ページ編集時に記録される)
- 認証ユーザーが属しているグループ (ページアクセス制御に利用される)


** read/edit/search設定 [#zb3f3859]

閲覧制限:

 $read_auth = 1;

編集制限:

 $edit_auth = 1;

検索制限:
 $search_auth = 1;

* グループ [#w28968c0]

** 定義済みグループ [#mb14d096]

- valid_user: 認証を通ったユーザーすべてが属しているグループ

** PukiWiki内グループ [#qbda94c3]

- $auth_groups で外部認証ユーザーを含むグループを定義できます。
 $auth_groups = array(
   'group_1' => 'ext_user_a,ext_user_b,ext_user_c',
 );

** LDAPグループ [#mc544853]

- $ldap_user_account が 1 の場合、LDAP経由で取得したグループを利用できます

- 'ldap:group_a' 'ldap:group_b' 等

** 認証PHPページ [#l79718a9]

認証PHPページはPukiWiki配布パッケージには含まれていません。各動作環境に合わせて作成する必要があります。

- 入力パラメータ - url_after_login
-- 認証完了後、リダイレクトするPukiWiki内URL
- 動作
-- ページ内で認証を行い、認証を通過した場合、セッション $_SESSION['authenticated_user'] にユーザー名を格納し、url_after_login にリダイレクトする。

*** 認証PHPページ - サンプル [#y9868abb]

環境変数 REMOTE_USER を認証ユーザーとする認証PHP


login/exlogin.php :
 <?php
 ini_set('session.use_strict_mode', 1);
 ini_set('session.use_cookies', 1);
 ini_set('session.use_only_cookies', 1);
 mb_internal_encoding('UTF-8');
 mb_http_input('pass');
 mb_http_output('pass');
 
 $url_after_login = filter_input(INPUT_GET, 'url_after_login');
 $url_after_login_html = htmlspecialchars($url_after_login);
 $page = filter_input(INPUT_GET, 'page');
 
 session_start();
 session_regenerate_id();
 $user = filter_input(INPUT_SERVER, 'REMOTE_USER');
 $_SESSION['authenticated_user'] = $user;
 
 define('URL_PREFIX', 'http://pukiwiki.example.com/'); //★必ず編集すること - 対象PukiWikiサイトのドメイン OpenRedirect防止
 if (substr($url_after_login, 0, strlen(URL_PREFIX)) === URL_PREFIX) {
    header('HTTP/1.0 302 Found');
    header('Location: ' . $url_after_login);
 }
 ?>
 <html>
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>External login</title>
    </head>
    <body>
        user: <b><?php echo htmlspecialchars($user) ?></b><br>
        page: <?php echo htmlspecialchars($page) ?><br>
        url_after_login: <a href="<?php echo $url_after_login_html ?>"><?php echo $url_after_login_html ?></a><br>
    </body>
 </html>



----
#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.019 sec.

OSDN