*PHPのIRCGを有効にするには [#j547ee85]
~PukiWiki で IRC なんていうのもありかなぁ?とも思い、環境準備としてIRCG が有効になっていない場合の対処について記述します。現時点においては、PukiWiki にとって有用でもありません。
~以下の記述は、RedHat Linux 8.0 を前提に進めます。
**必要な具 [#h8798303]
~IRCG は、バイナリもありますが、ircg-config が必要となる場合もあるので、ソースからビルド・インストールしたほうが無難なようです。
--[[IRCG:http://www.schumann.cx/ircg/]]
--[[SGI Static Threads Library:http://sourceforge.net/projects/state-threads/]]
**導入 [#w3fab39b]
***SGI Static Threads Library [#x584bde6]
-[http://telia.dl.sourceforge.net/sourceforge/state-threads/st-1.3.tar.gz st-1.3.tar.gz]
~tar玉の中に、st.spec があるのでそれを利用する。
 tar fxvpz st-1.3.tar.gz
 cp st-1.3.tar.gz /usr/src/redhat/SOURCES
 cd st-1.3
 cp st.spec /usr/src/redhat/SPECS
-spec ファイルの以下の個所を修正し利用する
 [修正前]
 %build
 make CONFIG_GUESS_PATH=/usr/share/automake default-optimized
 [修正後]
 %build
 make CONFIG_GUESS_PATH=/usr/share/automake-1.4 default-optimized
-ビルド
 rpmbuild -ba st.spec
-導入
--libst-devel-1.3-1.i386.rpm
--libst1-1.3-1.i386.rpm
~場合によっては、/usr/lib/libst.a が sox と重複するので、消さないと導入できない。
 cd /usr/src/redhat/RPMS/i386
 rpm -ivh libst*
***IRCG [#sb3e9903]
-[http://www.schumann.cx/ircg/IRCG-2.8.tar.gz IRCG-2.8.tar.gz]
 tar fxvpz IRCG-2.8.tar.gz
 cd IRCG-2.8
 ./configure
 make; make install
--導入されるファイル
 /usr/local/bin/driver
 /usr/local/lib/libircg.a
 /usr/local/include/if_irc.h
 /usr/local/include/queue.h
 /usr/local/include/php_smart_str_public.h
 /usr/local/include/irc_write_buffer.h
 /usr/local/include/ircg_config.h
 /usr/local/bin/ircg-config
**ここまできたら、PHP のビルドができます [#ee154867]
:|
 --with-ircg \
 --with-ldap=shared \
~--with-ircg を追加して、既に、[[RedHat#build]]で説明した手順で、PHP のビルドを行います。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.081 sec.

OSDN