:CategoryDev

ロードマップ

今向かっている方向 -- henoheno (2007/07)

1.4.x シリーズ -- 現実味を持たせる

管理者にとって WIKI WIKI であること。また、本来とっくに完了しているはずであるのに、実質未設計ないし不徹底の部分をどうにかすること。*1その辺をこなし/かわしながら、社会的な問題に取り組むこと。

1.3.x シリーズ -- 開発終了 (を明示)

その他

個別の話題

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 誰かhenoheno語通訳とかしてくれませんか・・・もう何言ってるんだか理解できない。無駄な注釈多いし。 -- 2010-04-07 (水) 09:05:40
    • 理解してまで使う必要ってあるの? -- 2010-04-07 (水) 20:46:15
  • PukiWiki Developers Teamが考える「Wikiならではの特性」って何ですか? -- 2010-04-14 (水) 13:03:13
  • ↑×2 もうボロボロだからこんな宇宙人がメインコミッタやってるんじゃない。捨てちゃえ捨てちゃえ。 -- 2010-04-17 (土) 06:02:46
  • 維持負担の削減:
    • ここで言う負担というのは開発プロジェクトの維持負担です。身近な所ではteananさんにかかっている維持負担、コンテンツ整理に対する維持負担、最近ではspamに対する維持負担。他にはリリース作業、ソースコードのコミット、競争*4に関連するところの負担があります。サイトのコンテンツの作りを互いに直しながら進められる、という意味を共有する、というのもゼロではない負担があります。これらの件のゴールは他案件の進行を通じて、「説明しやすい、簡潔な状態(ソース、コンセプト、サイト運営)」となるように持って行く事でしょう。必要以上に横展開(発散)してしまっている、というのが大変なところです*5。 -- henoheno 2010-04-19 (月) 23:50:09
    • この開発プロジェクトの運営コストを下げる、という部分について、例えばWebスペースのグループ権の整理、リリースパッケージを自動作成するためのツール等の作成は終わっています。ChangeLogとコミットメールもそうですね。official:PukiWiki/Download/1.4.7 のようなリリース毎の説明は、詳しくしすぎたと思っています。作るのに毎回かなり手間がかかっています。うまく簡略化したい部分です。 -- henoheno 2010-04-19 (月) 23:56:34
  • 関連:
    • 開発談義/8
    • BugTrack2/12(1.4は、今でも開発ブランチなのか?)
    • BugTrack2/228(pukiwiki のリリースやバージョンに関するユーザー側の意見) -- 2010-05-30 (日) 11:50:52
  • BugTrack2/331で提案しました。結果として維持負担軽減になればよろしいのですが。 -- 2010-06-27 (日) 22:14:28
  • 「今向かっている方向 -- henoheno (2007/07)」で各doがありますが、具体的な内容(BugTrack等)・背景はどれに当たるのでしょうか?ロードマップは開発者だけでなく、管理者(予備軍も含め)がPukiWiki利用するかorし続けるかどうかの判断材料になるので、一見して関連が判りやすい状態にしてください。ロードマップを作成されたhenohenoさん自身が一番理解しているところなので、是非ロードマップへの追記をお願いします。 -- 2010-08-18 (水) 23:52:22
  • branch_r1_4_7(1.4.7_1)に関しては、開発日記/2007-08-13かな?状況しだいでは、r1_3_3_branchのように1.4系のメンテ用な位置づけになるかもしれませんが。 -- 2010-08-19 (木) 00:37:30
  • 関連:BugTrack2/338(分散型バージョン管理システム(Git、Mercurial、Bazaar等)を利用する) -- 2010-09-20 (月) 21:37:43
  • サイトに寄付金かアフィリエイトはったら? 毎月 年間サーバー代くらいは入るよ。 -- 通りすがりの開発者 2010-11-18 (木) 13:14:10
お名前:

*1 そのような状況を招いてしまった、結果的に安易な道ばかり選ばず、王道に王道なし、という悩ましい道も進むこと。ただし日常を犠牲にしないこと。実質的に今まで三回死んでいるプロジェクトなのだから、開発者に負荷が集中しないよう、各所において、いい加減にきちんとすること。こうした事を、結果的に行動で語ること。
*2 書けるほどしっかり直すのは、また大変だけど
*3 できるように、本件については最初から別の場所で一人で作っていますよ。この問題を収束に近づけるためのアクションとしてはその方が効果的だろうから。結果がどんな半端なコードであろうとも、先人がどんなにいいコードを書いていようとも、お構いなく実施します
*4 他の製品との
*5 本来はそれぞれ逐次、運用・設計を見直しながら進むべきところです

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-12 (木) 01:00:44
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.402 sec.

OSDN