開発日記

リリース対応 -- henoheno

余裕が出てきたのか、余裕がないのか、良くわかりません。きっと無いのでしょう :)

  • パッケージ生成スクリプト
    • cvs:../devel/release.sh
    • zip 形式のファイルも作成する様に修正しておきました(一部の利用頻度が低いファイルはgzipで圧縮したままらしい・・・)。が、今ひとつニーズが出ていないので、今はインストール文書の拡充を優先します。

などとやっているうちにタイムオーバーでした・・・

最近思いますに

  • 自作プラグインやスキンを作成されている方へお願い:
    • ライセンスに関する言及を始めて下さい。すなわちGPLだとか、PukiWikiと一緒だとか、他からコピーしているのでそれと同じだとか、写真は他の素材集を使っているのでフリーではないとか、そのような著作物に関する文言を忘れずにコードや注釈の中に明記して下さい。でないと、取り込めません。
  • 既存のコードをスマートな状態に改善するためのパッチを沢山募集しています。とにかく直し足りません。
  • para_edit のパッチ(BugTrack/585)は(大)好きですし、そのパッチでWikiとしての側面を強化したいというニーズもよく解るのですが、official:PukiWiki/活用事例を見てもお分かりの通り、read-onlyのコンテンツ管理のためにPukiWikiを使いたいというニーズもかなり多いので、CVSに取り込むためには、これらをうまく両立させる必要があります。
    • そうすると、同じPukiWikiに対して、あるURLからアクセスする分にはread-onlyアクセス、また別のURLからアクセスするとpara_editの世界、という素敵な状況が簡単に作れる様になることでしょう(既に、強引な方法で実現している方もいるかもしれませんが :) )
    • タイミングとしては、PukiWikiのread-only運用がもう少しきちんとできる様に叩き直した後になるでしょう。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-16 (火) 23:29:00
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u7. HTML convert time: 0.281 sec.

OSDN