CVS更新 -- henoheno

色々ありましたが・・・手近な所から。ロードマップにもコメントしたいのですが・・・

spamプラグイン

spamするプラグインではありません。spam対策関係の管理ツールをここに集約します。今回用意したのは以下のみ。

  • Pages: そのPukiWikiの既存コンテンツを順次チェックし、該当するURLを持つページと、そこに含まれる問題のホストを検出します(現状はbadhostのみ)。
    • 導入直後や、spam.ini.phpを更新した時に必要となるかもしれないものです。
    • 処理を開始するページ名を指定できます。
    • devのコンテンツを対象に動かして見ましたが、一回ではタイムアウトするか、しないかギリギリといった所です。

困っている方がいらっしゃる様ですので形にしてみました。とりあえずこんな感じでいかがでしょう。

anti-anti-spamのあれこれ

http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/20070725/p2

http://aol.com/redir.adp?_url=http://k2net.hakuba.jp
 
PukiWikiの公式スパム対策のURLBLだと、たぶん抜けられちゃうような気がします。

そろそろ動かしてみていただけないでしょうか。誤解が広まるのがせつないので。

こちらは先人がやってきたのと同じ様に、複数の道具を使い分けるアプローチを取っているだけです。一部分がそう見えるからといって、全体がそうだとか、今後もそうだという事はありません。

今回の場合 k2net.hakuba.jp が悪意のあるサイトとして登録してあるなら、どれも確実に引っかかります。理由も明白です。URIの中に複数のURIないしホストが隠れている可能性があるなら、それを事前に暴いておけばいいのです。今回の例はhttpスキームがついたままなので最も簡単ですが、もう少し困難な例もあります(ソース見て下さい)。しかしURIの中に本命のホストが含まれているspam URIというのは、それでも大分幸せな方です。うまく取り出せたなら、即座に叩き落とせますからね。

今のコードは目的を果たしてはいるが大雑把なので、いずれ作り直されるかもしれませんが、その話題が過去の物であるという事に違いはありません。

	'.k2net.hakuba.jp',	// 設定例

※そのうちチェック用のインターフェースを spam.ini.php に追加することで・・・あ、Pagesが代替物になる気がする

その他


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-29 (日) 22:14:28
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u7. HTML convert time: 0.173 sec.

OSDN