アクセシビリティとユーザビリティ

アクセシビリティとは

アクセシビリティとは、閲覧・利用者の環境や状態にかかわらず、コンテンツが利用できるということです。すなわち、障害者や高齢者またブラウザの種類によって変わることなくメインなコンテンツにアクセスできるということです。

W3Cでガイドラインが作成されていますが、1.0を熟読しておくことをお薦めします。*1

実際には、見た目(デザイン)とコンテンツ本体を分離し、デザインが無くてもコンテンツの内容はわかるようにするというのを主体に考えられています。

ユーザビリティとは

利用者の利便性を向上させるということです。利便性とは、使いやすい事、覚えやすい事、効率が良い事 です。

効率が良い事の1つにナビゲーションという項目があります。望むコンテンツに容易にたどりついたり、前のコンテンツに戻ったりなどを容易にする機能です。

参考(順不同)

W3C Web Accessibility Page
http://www.w3.org/WAI/
http://www.zspc.com/documents/wcag10/ (日本語訳)
Techniques for Web Content Accessibility Guidelines 1.0
http://www.w3.org/TR/2000/NOTE-WCAG10-TECHS-20001106/
http://www.zspc.com/documents/wcag10-tech/index.html (日本語訳)
Web Content Accessibility Guidelines 2.0
http://www.w3.org/TR/WCAG20/
http://alfasado.net/WD-WCAG20-20040311-JA/ (日本語訳)
http://www.jsa.or.jp/domestic/instac/W3C-WCAG/WCAG20-ja.html (日本語訳)
WDG Web Accessibility Page
http://www.htmlhelp.com/ja/design/accessibility/
Microsoft Web Accessibility Page
http://www.microsoft.com/japan/enable/default.asp
富士通 Web Accessibility Page
http://jp.fujitsu.com/webaccessibility/
みんなのウェブ:アクセシビリティ実証実験ホームページ(完了)
(元 http://www.jwas.gr.jp/ )
http://www2.nict.go.jp/ts/barrierfree/accessibility/
Webアクセシビリティ
http://www.phoenix-c.or.jp/~takayan/html/
OADG アクセシビリティ
http://www.oadg.or.jp/accessibility/
こころWeb アクセシビリティ
http://www.kokoroweb.org/guide/
IBM Webアクセシビリティセンター
http://www-6.ibm.com/jp/accessibility/a-solution/
Opera Accessibility
http://www.opera.com/features/access/
オンラインドキュメントのアクセシビリティ
http://www.keiyu.com/access/
ユーザビリティとアクセシビリティ
http://homepage2.nifty.com/web_master/
色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法
http://night.nig.ac.jp/color/
Microsoft社:[[色覚に障害を持っていたとしたら、あなたのサイトは見えるでしょうか ?
http://www.microsoft.com/japan/msdn/columns/hess/hess10092000.asp
色盲の人にはどのように見えているのかをシミュレーションするソフト
ImageJ
Vischeck Plug-In
What's Usability?
http://www.usability.gr.jp/whatis/whatis001127-1.html
Web Accessibility Working Group
http://wagproj.ddo.jp/
Web Accessibility Toolbar 日本語版
http://www.infoaxia.com/tools/wat/index.html
テキストブラウザにも優しい HTML 文書の作成方法
http://www.sixnine.net/roadside/textsafe.html
BLYNX: Lynx Support Files Tailored for Blind and Visually Handicapped Users
http://leb.net/blinux/blynx/
テキスト記述に関する作法
http://www.scollabo.com/banban/apply/ap4.html
Linux Access HOWTO
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Accessibility-HOWTO.html
Xosie(ソシエ)WebDesign
http://www7.plala.or.jp/zeroxstyle/webdesign.html
BLinux(Blind + Linux)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/jeanne/blinux/infoj.html
ユーザビリティと HTML フォーム
http://japan.internet.com/webtutorial/20020109/1.html
ユーザビリティとナビゲーション
http://japan.internet.com/webtutorial/20020109/1.html
アクセシビリティの支援ツール開発で問題となるHTMLのセマンティクス
http://www.tubonotubo.jp/uai/html_issue.html

判定ソフトウェア

関連

コメント

  • 色盲の人にはどのように見えているのかをシミュレーションするソフトを見つけ、PukiWikiの配色をチェックしてみました。(1) PukiWikiパッケージ同梱のCSSでは、通常テキスト(黒色)と閲覧済みリンク(濃い赤)が見分け難いです。(2) http://pukiwiki.sourceforge.jp/ のCSSでは、未読リンクと閲覧済みリンクが見分け難いです。(3) http://pukiwiki.sourceforge.jp/dev では、未読リンクと閲覧済みリンクが若干見分け難いです。(2)、(3) はそれほど問題無いと思いますが、(未読と閲覧済みが区別できなくてもさほど支障は無いと思うので)、(1) は少々深刻なように感じます。色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法 というページでも、濃い赤の使用は避けるよう勧告されています。また、色に頼らずに冗長なプレゼンテーションをするよう勧告されており、アンダーラインの付加も再検討の余地があろうかと思います。スキン担当デザイン担当HTML・CSS担当の皆さん、ご検討お願いします。以下、関連リンクです。 -- 三浦克介 2003-08-22 (金) 09:54:12
  • 大切なことだと思いましたので雑談から移しました。 -- merlin 2003-08-22 (金) 10:38:06
  • リンクのアンダーラインですが、なかなかむずかしい問題です。PukiWikiの場合、通常のHTMLに比べ数倍のリンクが張られるので、アンダーラインだらけになって非常に見辛くなってしまうんですよね…。MenuBarやContents、ページのリストなど、アンダーラインを付けるとかなりきついです。 -- reimy 2003-10-20 (月) 01:11:49
  • 強調の意味合いで赤を使う場面がよくありますが、この場合は書き込みを使う人が意識してアンダーラインを併用したほうがいいでしょうね。 -- reimy 2003-10-20 (月) 01:14:14
  • 2.0というか 1.5に向けて、PukiWiki アクセシビリティガイドラインとしてまとめたのを作っていったらどうでしょう? -- merlin 2003-10-20 (月) 16:58:48
    • いかん 掘り出してしまった。 (^^; -- merlin 2004-10-09 (土) 11:04:32
  • Wikipedia:色覚異常 -- 2007-03-27 (火) 22:14:46

*1 2.0は、ちょっと発散気味

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-14 (土) 14:21:56
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u7. HTML convert time: 0.257 sec.

OSDN