バックアップから簡単に復旧する

  • ページ: BugTrack
  • 投稿者: にぶんのに
  • 優先順位: 低
  • 状態: 提案
  • カテゴリー: 本体新機能
  • 投稿日: 2003-12-21 (日) 12:44:47
  • バージョン:

メッセージ

バックアップから復旧するためには、バックアップ→リストアしたい履歴を選択→ソースをコピー→ページを表示→編集→貼り付け→更新という手順を踏む必要があります。 その一方で、荒らす場合は編集→適当に弄る→更新で済むので、バックアップからの容易な復元方法の提供がPHPカンファレンス 2003荒らしに関する考察で課題として挙げられていました。

その解決案の一つとして、バックアップ→履歴のソース/現在との差分を表示するとき文末にラジオボタンと更新ボタンを表示することで、簡単にバックアップから復旧できるように変更してみました。


  • 便利な機能ですね。1つ気になるのが、荒らされた内容もバックアップ対象ですから、その内容も容易に戻せることになる。ということですよね。その部分を、このままの実装とするのか?だけですかね? -- upk 2003-12-21 (日) 16:01:12
    • 確かに。荒らされた内容も簡単に戻されますが、作業にかける手間さえ同じなら数の優位で正常な側に倒れるかな、と楽観的に考えてました。用意するとなると、バックアップ履歴単位に削除する機能でしょうか。 -- にぶんのに 2003-12-22 (月) 03:51:33
    • バックアップを履歴単位に削除する機能はofficial:欲しいプラグイン/137 で挙げられています -- にぶんのに 2004-08-29 (日) 03:05:37
  • 編集制限と連動させないと、穴になりますね。編集権限がない場合はバックアップからの復旧もできないようにしないと。 -- reimy 2003-12-21 (日) 16:03:51
    • そのように実装していて、テストもしたのですが。うまくいってませんか? -- にぶんのに 2003-12-22 (月) 03:51:33
  • 別の方向からアプローチしてみました。「差分」表示に、ページを元に戻す機能を追加し、バックアップを遡れるようにしてみました。 -- teanan 2005-02-20 (日) 23:45:48
  • BugTrack2/53 -- 2005-04-10 (日) 08:57:16
  • official:欲しいプラグイン/188 -- Ratbeta? 2005-05-23 (月) 22:47:58
  • 関連: BugTrack2/298 -- 2008-03-05 (水) 19:10:55


*1 ※Webクローラーがページをたどるだけで実行されかねない

添付ファイル: filediff.inc.php.undo.diff.0.1.txt 878件 [詳細] filebackup.inc.php 981件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-05 (水) 19:10:56
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u5. HTML convert time: 0.424 sec.

OSDN