HTTPレスポンスヘッダとmeta http-equivの食い違い

  • ページ: BugTrack2
  • 投稿者: ryutaroh?
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了
  • カテゴリー: 本体バグ
  • 投稿日: 2005-02-24 (木) 09:19:15
  • バージョン: 1.4.5_1

メッセージ

DTDでXHTMLを指定するとHTTPレスポンスヘッダはtext/htmlになり、 meta http-equivはapplication/xhtml+xmlになり、軽微なバグなように 見えます。

以下http://openlab.ring.gr.jp/k16/htmllint/explain.html#conflict-mime からの引用です。

現在HTMLとして受け付けられるメディアタイプは、text/html と application/xhtml+xml です。HTTPレスポンスヘッダに指定されているメディアタイプと<meta>に指定されているそれが食い違っています。しかし、そもそも application/xhtml+xml では、<meta http-equiv> を記述すべきではありません。

XHTML Media Typesによると、HTMLに対して application/xhtml+xml を指定するのは禁止され、XHTML1.1に対して text/html を指定することを推奨していません。

XHTML Media Typesによると、メディアタイプが application/xhtml+xml である文書では <meta http-equiv> を記述すべきではないとされています。


  • まあUAの問題もあって、なかなか難儀な問題なんですよ。 -- 2005-02-24 (木) 11:16:51
  • 参考 BugTrack/751 -- 2005-02-24 (木) 11:26:11
  • 現在の実装がUAの現状に対して妥当であることを理解しました。 -- ryutaroh? 2005-02-24 (木) 14:42:03
  • どうしてもというならUA毎に振り分ける方法がありますが、そこまでする必要もないような気がします。 -- Ratbeta? 2005-02-24 (木) 19:24:17
  • 状況としては「完了」かな? :) 内容としてはひょっとしたらBugTrack/751とかぶっているので、後で集約するのはいかがでしょうか。 -- henoheno 2005-02-24 (木) 23:18:40


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-02-24 (木) 23:18:40
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u7. HTML convert time: 0.144 sec.

OSDN