設定ファイルの中身や構成を見直す

メッセージ

PukiWikiの設定ファイル (pukiwiki.ini.php, rules.ini.php, default.ini.php, keitai.ini.php)、およびユーザーによるカスタマイズを意図している部分 (スキンファイルやプラグインの先頭部分) について、その表現方法や内容、構成に関する指針や話題をここにまとめましょう。

今までの問題として「全く見直しが入っていない」「統一感が無い」「グループ分けがあまり進んでいない」「どこを見たらいいかわかり辛い」「書き換えがし辛い」といった点があります。



ユーザーの設定値や重要な値には必要がなければ定数を用いる

// Spilitter of backup data (NOTE: Too dangerous to change)
define('PKWK_SPLITTER', '>>>>>>>>>>');

ユーザーが設定する部分の ON/OFF 指定は TRUE/FALSE より 1/0 であるべき

// PKWK_READONLY - Prohibits editing and maintain via WWW
//   NOTE: Counter-related functions will work now (counter, attach count, etc)
if (! defined('PKWK_READONLY'))
        define('PKWK_READONLY', 0); // 0 or 1

厳格に言えば TRUE / FALSE で設定させて、値をチェックする側も === 演算子を使い厳格に判別させた方が(メモリの量や判別スピードなど)コンピュータにとっては良かろうと思われるのですが、 1 / 0 で指定する場合と比べ、管理者のタイプ量が違います。つまり手軽にON/OFFを切り替えられるかどうかに影響します。

このようにするためには、設定系の値に関しては、値を厳格に見過ぎないようにチェックする必要があります。


定数のネーミングルールを揃える

PukiWikiは有志によって全体および一部がXOOPSに組み込まれていますが、どこでもありそうな定数を定義してしまうと、組み込み作業時に問題となることでしょう。


設定値のグルーピングをもう少しわかり易くできないか

WikiNameを無効にする設定など。実際のニーズを掘り下げて、一緒にいじりそうな設定のそばに置けないだろうか?


rules.ini.php -- 消せる

rules.ini.php は、その中身を全て pukiwiki.ini.php に移すことで不要にできそうです。

ちょっと確認: rules.ini.php が生まれた背景

コメント


デフォルト設定と、それを上書きできる仕組みが欲しい

各種設定ファイルにデフォルトの設定が施されていたとして、ユーザーが別途(例えばUnixの/etcに)用意した定義ファイルをロードすると、デフォルト設定が一部上書きされた状態で起動する様にできないか。(※以前から要望アリ)


PKWK_READONLYをPKWK_UTF8_ENABLEと同じように読み込み専用に



コメント



*1 その可能性がどれほどあるのかは、ここでは無視して書いてます
*2 例えばON/OFFでもいいけど
*3 設定値が比較的長い場合は
*4 デフォルト値が上になるように
*5 この部分は自分も反省otz
*6 ソフトウェアについてコードの美学(というか生理的なもの?)を論議するとその論議は大抵収拾がつかなくなるのを知っているので
*7 bestな状態とは思いませんが、betterな状態だと思います

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-24 (水) 18:49:04
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.391 sec.

OSDN