脆弱性の取り扱いに関するまとめ

メッセージ

開発プロジェクトはどのように脆弱性を取り扱うべきで、それはなぜなのかをまとめましょう。


参考文献


脆弱性の取り扱いに関するまとめ

脆弱(ぜいじゃく)性や欠陥について対応を行う場合、

工夫が必要になります。

さもなくば、その内容や度合いに応じて、既存のユーザーが危険にさらされる可能性が生じるか増大します。

共通する脆弱性を持つプロダクトが複数ある場合、それぞれの開発プロジェクトが問題に関するより正確な情報をとりまとめ、共有し、上記に挙げた基本的な原則について足並みを揃えるチャンスがあります。

複数の製品に共通する問題について、調整に失敗した場合、単独プロジェクトの単独の問題以上に状況が悪化する可能性があります。


コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-14 (水) 19:57:29
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.475 sec.

OSDN