[Opera] リストの中でrefプラグインを指定したときのブラウザによる挙動の違い

メッセージ

リストの中で、aroundオプションを指定したrefプラグインを置いた場合、ブラウザによって挙動が異なります。

PukiWikiのバグではなく、ブラウザ側の問題ですが、記述の仕方で回避の方法はあります。

このページの内容はOpera 7.5で見ないと、意味がわからないかもしれません。

問題となる書式

-ほげほげ
#ref(ikue.png,left,around,ほげ)
~左の図はほげについての解析図です。
#img(): File not found:

Opera 7.xは、inline要素に続くblock要素のCSSのfloatの解釈がちょっと変です。

これに対する対策は、下記のように記述することで可能です。

-ほげほげ
#br
#ref(ikue.png,left,around,ほげ)
~左の図はほげについての解析図です。
#img(): File not found:

IE6 SP1やMozilla 1.6で見ている人には、上の2つはまったく同じに見えます。Opera 7.5で見ると、上の2つは違って見えます。

2つめのように記述することで、IE6 SP1、Mozilla 1.6、Opera 7.5いずれも、refで表示する画像は「ほげほげ」の下に表示され、画像の右側に「左の図は~です。」と表示されます。このように記述すれば、Opera 7.5でも、上の場合のIE6 SP1やMozilla 1.6と同じように表示されます。

leftではなくrightの場合も同様です。aroundオプションの場合に、このように記述する必要があります。


-ほげほげ
&br;
#ref(ikue.png,left,around,ほげ)
~左の図はほげについての解析図です。
#img(): File not found:

もしくは

-ほげほげ~
#ref(ikue.png,left,around,ほげ)
~左の図はほげについての解析図です。
#img(): File not found:

添付ファイル: fileikue.png 530件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-10-31 (日) 21:43:37
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.271 sec.

OSDN