URL中のIPv6アドレスの扱い

メッセージ

IPv6を使っている場合に、URLを生成するfunc.phpの583行目の部分がIPv6のことを考慮していないために、有効なURLが生成されません。 URLでIPv6を使う場合は、"http://[::1]/"というようにIPv6アドレスを'['と']'くくる必要があります。 修正はそれほど難しくないと思います。

私は、次のような修正で使っています。

--- func.php.org        Mon Mar 22 00:03:18 2004
+++ func.php    Sat May 29 02:03:47 2004
@@ -580,7 +580,14 @@
        // scheme
        $script  = ($_SERVER['SERVER_PORT'] == 443 ? 'https://' : 'http://');
        // host
-       $script .= $_SERVER['SERVER_NAME'];
+       //$script .= $_SERVER['SERVER_NAME'];
+       if (preg_match("/:/", $_SERVER['SERVER_NAME']) == 0
+       || $_SERVER['SERVER_NAME']{0} == '[') {
+               $script .= $_SERVER['SERVER_NAME'];
+       }
+       else {
+               $script .= '[' . $_SERVER['SERVER_NAME'] . ']';
+       }
        // port
        $script .= ($_SERVER['SERVER_PORT'] == 80 ? '' : ':'.$_SERVER['SERVER_PORT']);
        // path

調査・対応

Webサーバーにより挙動が異なります。IPv6アドレス、例えば http://[::1]:8080/wiki/ にWebブラウザからアクセスした場合、以下のようになります。

Apache 2.4 の場合、現行(PukiWiki 1.5.1)のロジックで正常に各リンクが生成され、アクセスできます。

Apache 2.2 の場合は、リンクが不正になります。Apache 2.2でIPv6のIPアドレスアクセスが必要な場合は、提案のようなパッチを当ててください。

他のよく利用されるWebサーバーで同様の不具合が発生する場合は、追加報告をお願いします。




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-04 (月) 22:27:58
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.139 sec.

OSDN