(編集時) キャンセルボタンの追加

メッセージ

PukiWiki/1.4/ちょっと便利に/見出しごとの編集(fixed_anchor版) より移動

記事単位の編集機能のおまけ -- reimy

記事単位の編集機能を付加したついでに、html.phpに下記の1行を加えると、編集を中止したときに元の位置に戻りやすくなります。

ブラウザの「戻る」で戻ればいいんだけど、「ページの更新」を押して戻る人があとを絶たないので。

メニューの「リロード」で元に戻るというのは、訪問者にとってわかりにくく、どうしても「ページの更新」を押してしまうようだ(そもそも編集中は、上のメニューが画面の外にはずれていることが多いので、気づかない)。そのための対策でもある。

  <input type="submit" name="preview" value="$btn_preview" />
  <input type="submit" name="write" value="$_btn_update" />
+ <a href="$script?$r_page#$s_id"><input type="button" value="$_btn_cancel" /></a><br />
  $add_top
  <input type="checkbox" name="notimestamp" value="true"$checked_time />

ja.lngに

  $_btn_cancel = 'キャンセル';

を追加。

メニューの「リロード」との違いは、元の位置に戻ることができるという点と、編集のキャンセルがわかりやすくなるという点。

さらに使いやすく…

上のだと、「プレビュー」「ページの更新」「キャンセル」の3つのボタンがくっついて並ぶので、押し間違いやすい(押しにくい)ので、ちょっと工夫を。

  <textarea name="msg" rows="$rows" cols="$cols">$s_postdata</textarea>
+ <div style="float:right">
+ <a href="$script?$r_page#$s_id"><input type="button" value="$_btn_cancel" /></a>
+ </div>
  <input type="submit" name="preview" value="$btn_preview" />
  <input type="submit" name="write" value="$_btn_update" />
+ <div style="clear:both">
  $add_top
  <input type="checkbox" name="notimestamp" value="true"$checked_time />
  <span style="small">$_btn_notchangetimestamp</span>
+ </div>
  <textarea name="original" rows="1" cols="1" style="display:none">$s_original</textarea>

これで「キャンセル」ボタンだけが右端に寄るので、使いやすくなります。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-10-11 (月) 11:10:42
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.119 sec.

OSDN