PukiWiki CVS版 (開発版)

※ 2014年にリポジトリをGitへ移行しました(開発版)。CVS版への更新はありません。


CVS版との付き合い方を知らない方は、CVS版を使ってはいけません。

(リビジョン管理ツールを使って)他人がメンテナンスしているツリーを取り出して、それに改造を加えた上で、常にマージを繰り返して行くというのは、困難な手作業が求められる可能性がある(実施する度に強いストレスを受ける可能性がある)行為です。自動でマージできなかったあらゆるコンフリクト*1を自力で回避/解決できるスキルと慎重さと余裕が必要です。

CVS版は、CVSリポジトリ上にある開発用のツリーです。このツリーをターゲットにする場合、日々揺れ動く設計と実装のため、あなたが受けるストレスはさらに増大します。危険ですので、何が起こるのか予測できず、全ての後始末が自分でできないなら、使ってはいけません


入手について


関連ツール

ストレスを和らげるために、様々なタイプの設備が用意してあります。

  • メーリングリスト (コミットメール)
    • http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/pukiwiki-cvs
    • コミットされた内容(の差分)をメールで通知
    • 速報性があり、push型(通知)である以外には利点はありません。
  • ChangeLog -- http://pukiwiki.sourceforge.jp/ChangeLog.txt
    • 30分毎に自動更新
    • 最近の状況(コミット/コミットログ)を時系列で把握/確認するのに適していますが、メーリングリストほどの速報性はありません。詳細はViewCVSで確認すべきです。

関連する話題

  • CVS : PukiWikiの開発中最新版を追っかける。
  • BugTrack/556 ファイルリリースを廃止して、全てのユーザーにCVS版を使わせるべきか?
  • BugTrack/659 lib/pukiwiki.php の名称変更

その他の開発者向け情報


リビジョン管理ツールは何であるのか、何ではないか

  • 閲覧者にとっては、指定した時点の、指定したファイルを入手する事ができるツールです
  • あなたのためのプログラム配信/更新ツールではありません。また、取り寄せた複数のファイルの整合性(全体がうまく動くこと)を自動的に保障する機能はありません。壊れているファイルは、壊れたまま入手することができます。全体の整合性の確認は、別の手段で行わなければいけません。

*1 衝突

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-13 (水) 00:40:29
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u7. HTML convert time: 0.226 sec.

OSDN