編集時の連続性について (1つの操作の流れを止めないような PukiWiki を考える)

BugTrack/319 でも、私のページでも書いていますが、 特に編集時の操作が伴う連続性について、対応するにはプラグインのみならず 本体側の修正も伴います。本仕様を確定する上で、みなさんのご意見を伺った上で、 確定する流れにできればと考えています。-- upk 2004-04-27 (火) 23:13:01

確認したいこと

サイト内クローズとするか?

BugTrack/319 のように、サイト内クローズでの戻り先についての拡張で 止めるのか?それとも以下のような仕様まで追加してしまうのか?

Aサイト -> Bサイトで編集 -> Aサイトに戻る
Aサイト -> Bサイトで編集 -> CAサイトに飛ぶ

このような、ワークフロー的なPukiWikiサイト連携までの機能を仕様に 盛り込むか?ということになります。この機能を盛り込むことでの脆弱性など に関しては、検討していませんので、みなさんのご意見をお聞きしたいところです。


仕様変更

サイト内クローズ

この場合は、refer 変数を適切に利用するように、プラグインを見直せば と思います。今回の修正パッチは、ありません。(作っていません)

サイト連携機能

  • 送信側は、飛ばしたいURIを、rawurlencode()し、encode() して引き渡す
  • 受信側は、飛ばしたいURIが指定されていた場合には、rawurldecode()し、decode() してLocation で飛ばす

考え方と機能的に言えば、これだけの変更で可能になります。 1時間もかけないでパチッたので、ちょっといい加減かなぁ?

diffstat refloc.diff
 pukiwiki\html.php                 |    2 ++
 pukiwiki\plugin\calendar2.inc.php |    8 ++++++--
 pukiwiki\plugin\comment.inc.php   |    5 +++++
 pukiwiki\plugin\edit.inc.php      |    6 +++++-
 pukiwiki\plugin\include.inc.php   |    2 ++
 5 ファイル変更, 20 追加(+), 3 削除(-)
  • calendar2

    カレンダーから新規編集した場合に、もとのカレンダーに戻るようにする修正。 また、includeされても問題ないように。

  • include

    BugTrack/319 での、comment の対応。 内部で利用している、convert_html() のところがちょっといやらしかったので、 こっちを対応してみました。

  • comment

    BugTrack/319 での、元に戻るようにという対応。


全体を通して



添付ファイル: filerefloc.diff 928件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-03-09 (水) 16:27:04
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.2+ © 2001-2019 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u8. HTML convert time: 0.168 sec.

OSDN