*PukiWiki 1.4専用プラグイン
**rubyプラグイン
#contents
**blockquoteを取り払ったarticleプラグイン -- [[reimy]]
-PukiWikiに同梱されているaricleプラグインは全体がblockquoteになっているが、HTML的には引用ではないのにblockquoteを使うのは好ましいことではないので、blockquoteを排除した。
-第1階層のリストの子要素として出力する。
-改行は改段落として出力する(日本語用に<p>に対してCSSでmargin-top:0px;を設定していないと行間が空いてしまうので注意)。
-&amp;br;を<br />に変換するユーザー定義を設定しておけば単純改行も可能。
:補足|
~article内では引用文(>、>>、>>>)、リスト構造(--、---、++、+++、::~|、:::~|)、整形済み行などのブロック要素を記述可能。リストは第2~3階層のみ使用可。リストからの脱出は - で行なう。
~$btn_nameを$btn2_nameに変更。comment.inc.phpと別に設定したいため。
:出力|
~出力は次のような形になる。
 **テスト
 -[[名無しさん]] &new{2003-04-17 (THU) 22:34:10};
 ~次の行から引用文です。
 >これは引用文です。
 
 // コメント
 -[[名無しさん]] &new{2003-04-17 (THU) 22:34:22};
 ~テスト
 
 #comment
:ダウンロード|
---&ref(article.inc.php);
**blockquoteを取り払ったcommentプラグイン -- [[reimy]]
-上記の改造版article.inc.phpに対応したcommentプラグイン。
-第1階層のリストの子要素として出力する。
-リスト構造や整形済み行の入力にも対応。
-&amp;br;を<br />に変換するユーザー定義を設定しておけば複数行の入力も可能。
:補足|
~comment内ではリスト構造(--、---、++、+++、::~|、:::~|)、整形済み行などのブロック要素を記述可能。リストは第2~3階層のみ使用可。
~commentは1行入力であるため、引用文は記述できない(引用文の脱出が明示できないため)。
:出力|
~出力は次のような形になる。
 -[[名無しさん]] &new{2003-04-17 (THU) 22:34:22};
 ~テスト
 
 #comment
:ダウンロード|
---&ref(comment.inc.php);
**rubyプラグイン -- [[reimy]]
~XHTML 1.1化記念として、rubyのインラインプラグインを公開。
:使い方|
 &ruby(ルビ){ルビをふる文字列};
:注意|
---当然ながらXHTML 1.1のルビに対応したブラウザでないと、ルビとして表示されません。IE5.5/6では表示できます。Netscape 7/Mozillaでは[[XHTML Ruby Support:http://white.sakura.ne.jp/~piro/xul/_rubysupport.html]]を組み込めば表示できます。
---ルビに対応していないブラウザではルビをふる文字列の直後にルビが( )に入れられて表示されます。
:ダウンロード|
---&ref(ruby.inc.php);

#comment


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.050 sec.

OSDN