*PukiWiki 1.4専用プラグイン
#contents
**blockquoteを取り払ったarticleプラグイン -- [[reimy]]
-PukiWikiに同梱されているaricleプラグインは全体がblockquoteになっているが、HTML的には引用ではないのにblockquoteを使うのは好ましいことではないので、blockquoteを排除した。
-第1階層のリストの子要素として出力する。
-改行は改段落として出力する(日本語用に<p>に対してCSSでmargin-top:0px;を設定していないと行間が空いてしまうので注意)。
-&amp;br;を<br />に変換するユーザー定義を設定しておけば単純改行も可能。
:補足|
~article内では引用文(>、>>、>>>)、リスト構造(--、---、++、+++、::~|、:::~|)、整形済み行などのブロック要素を記述可能。リストは第2~3階層のみ使用可。リストからの脱出は - で行なう。
~$btn_nameを$btn2_nameに変更。comment.inc.phpと別に設定したいため。
:出力|
~出力は次のような形になる。
 **テスト
 -[[名無しさん]] &new{2003-04-17 (THU) 22:34:10};
 ~次の行から引用文です。
 >これは引用文です。
 
 // コメント
 -[[名無しさん]] &new{2003-04-17 (THU) 22:34:22};
 ~テスト
 
 #comment
:ダウンロード|
---&ref(article.inc.php);
**blockquoteを取り払ったarticle対応のcommentプラグイン -- [[reimy]]
-上記の改造版article.inc.phpに対応したcommentプラグイン。
-第1階層のリストの子要素として出力する。
-リスト構造や整形済み行の入力にも対応。
-&amp;br;を<br />に変換するユーザー定義を設定しておけば複数行の入力も可能。
:補足|
~comment内ではリスト構造(--、---、++、+++、::~|、:::~|)、整形済み行などのブロック要素を記述可能。リストは第2~3階層のみ使用可。
~commentは1行入力であるため、引用文は記述できない(引用文の脱出が明示できないため)。
:出力|
~出力は次のような形になる。
 -[[名無しさん]] &new{2003-04-17 (THU) 22:34:22};
 ~テスト
 
 #comment
:ダウンロード|
---&ref(comment.inc.php);
**rubyプラグイン -- [[reimy]]
~XHTML 1.1化記念として、rubyのインラインプラグインを公開。
:使い方|
 &ruby(ルビ){ルビをふる文字列};
:注意|
---当然ながらXHTML 1.1のルビに対応したブラウザでないと、ルビとして表示されません。IE5.5/6では表示できます。Netscape 7/Mozillaでは[[XHTML Ruby Support:http://white.sakura.ne.jp/~piro/xul/_rubysupport.html]]を組み込めば表示できます。
---ルビに対応していないブラウザではルビをふる文字列の直後にルビが( )に入れられて表示されます。
:ダウンロード|
---&ref(ruby.inc.php);

#comment



**画面分割プラグイン -- [[morikawa]]
~BODY部分をテーブルで割る((邪道?))。
:使い方(実際は一行じゃないとだめっぽい。\は除いてね。)|
 &splitbody \
 (%,width=100% border=0,valign=top,align=center){ \
    &color(red){&version;};
    % \
    &ruby(やまとだましい){Natural American Spirit}; \
    % \
    &ref(pukiwiki.png); \
 };

~''引数''~
+ { } 内の文字を分割するデリミタ。@@@ とか、ありそうにないものを指定。分割した数だけTDができる。
+ <table>タグの属性。""で括らず、空白を含めないものに限定される。
+ <tr>タグの属性。同上。
+ <td>タグの属性。同上。
-- 属性は、スクリプト内で利用できるものを制限しています。

:注意|
--- 多用すると、内容がごちゃごちゃします。FrontPageとか、他のページへの案内用ページだけに使うのがいいかも。
:ダウンロード|
---&ref(splitbody.inc.php);
-GNU/GPLライセンスで、おながいします。 -- [[morikawa]] &new{2003-05-01 (木) 02:00:24};
-近いうちにCSS対応にします。それまでアルファ版ってことでよろしこ。 -- [[morikawa]] &new{2003-05-01 (木) 11:27:33};

#comment



**What's New! プラグイン -- [[morikawa]]
~特定ディレクトリ以下にまとめたファイルを使用((これも邪道?))。~
たとえば、~
COLOR(orange){SIZE(10){●}} 05/01 - What's New!プラグインを更新しました。~
COLOR(orange){SIZE(10){●}} 04/30 - 新登場!What's New!プラグイン。~
COLOR(orange){SIZE(10){●}} 04/29 - 新しいプラグインを企画ちゅう~。~
な感じで表示される。実際には、文字列には指定したリンクが作成される。

:使い方|
 &whatsnew(10,:WhatsNew){ COLOR(orange){SIZE(10){●}} }; 


~''引数''~
+ 表示する件数。
+ ディレクトリ名。末尾の ''/'' はつけない。
+ { } の間にある文字が、リストの変わりになる。
-- 上記だと、''COLOR(orange){SIZE(10){●}} 05/01 - 更新しました。'' みたくなる。

~''ファイル構成''~
- ディレクトリ配下に、What's New 表示する文字列でページ名作成。
-- :WhatsNew がディレクトリだとすると、''更新しました!!''と表示したいときは、'':WhatsNew/更新しました!!''というページ。
- 上記ページの一行目に、''日付, リンク先ページ''のように書く。
-- 例1) 05/01, FrontPage
-- 例2) 04/01, エイプリルフール
--- BracketName にする必要はありません。
-- 自分自身にリンクする場合は、日付だけでよい。
-- 日付のフォーマットは自分で決めておいたほうが無難。Sortに影響するので。
- 一行目以降は、普通に記述してよい。
-- ページ一行目で、別ページへのリンクを指定した場合は意味ないけど。

:利点|
--- 更新一覧のように、すべてのページを対象にしないし、お知らせしたいページをお知らせしたいように表示できる
--- かつ、一定数以上古くなったものは表示されない

:注意|
--- ファイルの書き込みを利用します。よって、1行目が意味を持つので、他のプラグインと衝突するかもしれない。
:ダウンロード|
---&ref(whatsnew.inc.php);
-GNU/GPLライセンスで、おながいします。 -- [[morikawa]] &new{2003-05-01 (木) 02:48:45};
-画面分割プラグインとあわせて、TOPに配置するってのはどう? -- [[morikawa]] &new{2003-05-01 (木) 02:53:00};

#comment


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.072 sec.

OSDN