RIGHT:&size(10){Category: [[RSS>:Category/RSS]]};~
:RSS:
RDF Site Summary。サイトの概要をメタデータとして簡潔に記述するXMLフォーマットで、Netscape社が自社のポータルMy Netscapeに「チャンネル」を登録するための手段として1999年3月にバージョン0.9((http://home.netscape.com/newsref/pr/newsrelease744.html))を開発・公開した。当時Webにはいくつかの配信フォーマットがあったが、RSSはコンパクトで扱いやすいために、それらに取って代わる新しい標準として受け入れられ、現在最も広く使われているXML応用言語の一つとなっている。

最初のRSS(RSS 0.9)((http://my.netscape.com/publish/formats/rss-0.9.dtd))はもともとRDFベースで、基本的には見出し一覧を配信するためのものだった。1999年7月には、概要を記述するdescriptionなど、UserLandのScriptingNews規格から10以上の要素型を取り入れたRSS 0.91((http://my.netscape.com/publish/formats/rss-spec-0.91.html))が登場する。見出しだけでなく要約、格付け、著作権、更新日付などさまざまな情報も加えたサイトサマリーを提供できるところからRich Site Summaryと呼ばれ、何割かのコンテンツプロバイダはこの新しいフォーマットを採用した。ただしRSS 0.91では、RDFはチャンネル作成者にとって複雑だとして、ルート要素をrssとする独自のXMLに変更されている。

その後、Netscape社はRSSから手を引くが、サイトサマリーを提供する枠組みとしてのRSSへの要望はむしろ高まり、これに独自の要素型を加味して用いるユーザーも出現するなど、混乱の様相を見せてきた。そこで、基本的なサマリー提供機能をコアなRSSとして定義し、より高度な機能は(XML名前空間を利用した)モジュールとして追加できるようにするという新しい規格が、改めてRDFに基づくものとして開発者のグループ(RSS-DEVワーキンググループ)で検討された。この成果として2000年12月にRSS 1.0((http://purl.org/rss/1.0/spec))が提案された。RSS 0.9およびRSS 0.91も依然として広く用いられているが、RSS 1.0がこれから注目すべき規格と位置づけられている((RDFや名前空間が複雑であるとして、RSS 0.91を拡張したRSS 0.92/0.93を提案するコミュニティもある。路線の違いを巡って論争が続いている。))。

PukiWikiでは、0.91と1.0での出力をサポートしている。


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.084 sec.

OSDN