RIGHT:&size(12){Category:[[Design>:Design]],[[RSS>:Category/RSS]]};
*RSS 出力に XSLT を付加したい。 [#va3ab690]

-ページ: BugTrack
-投稿者: [[とおりすがり]]
-優先順位: 低
-状態: 提案
-状態: 保留
-カテゴリー: 本体新機能
-投稿日: 2002-07-02 (火) 03:28:19
-バージョン: 

**メッセージ [#n06e3b52]
RecentChanges があるから直接 RSS を見る人も少ないかと思いますが、どこ開いても PukiWiki のスタイルって感じで隙無くいて欲しいので。

http://www.kanzaki.com/info/rss.rdf こんな感じ。
----

-現在、PukiWikiのXHTML化に向けて作業を行なってるので、それが完成すればXSLTとの親和性も高まると思います。とにかく正確なHTML(XHTML)が出力されるようにならないと始まらないので… -- [[reimy]] SIZE(1):2002-07-02 (火) 03:36:07
-早くても1.5以降になると思います。 -- [[reimy]] SIZE(1):2002-07-02 (火) 03:36:58
-XHTML化とは関係ない部分ですよー。意外に簡単に出来そうな気がするけど。 -- [[ゆう]] SIZE(1):2002-07-02 (火) 12:26:55
-ところで、RSS の出力利用してる人ってどのぐらいいるんでしょう?ヘッドライン表示アプリケーションとかあるのかな? -- [[とおりすがり]] SIZE(1):2002-07-02 (火) 12:30:57
#ref(XSL.png,right,around,XSL表示例,30%)
-簡単に作ってみました。&ref(xsl.xsl);改造はお任せします。 -- [[Ratbeta]] &new{2004-10-15 (金) 20:34:59};
-ちなみに、使うには幾つか条件が有ります。 -- [[Ratbeta]] &new{2004-10-15 (金) 20:38:19};
--TrackBackが無効になっていると表示が乱れる可能性があります。
--CSSの位置/ファイル名などは適当に調節して下さい。
--rss10.inc.php用です。以下のコードを挿入して下さい。
 <?xml-stylesheet href="xsl.xsl" type="text/xsl" charset="utf-8" ?>
-ふむふむこんな感じになるのかぁ。 -- [[merlin]] &new{2004-10-15 (金) 21:34:11};
#clear
-どうもです>merlinさん -- [[Ratbeta]] &new{2004-10-15 (金) 21:54:28};
-&ref(xsl.xsl.1); いろいろ書き換えました。TrackBackがoffでも表示できるようにしています。 -- [[Ratbeta]] &new{2004-10-16 (土) 14:03:02};
-Sage風の表示のを作ってみました。 &ref(./rss.xsl); &ref(./rss.css);  -- [[merlin]] &new{2004-11-26 (金) 17:48:46};~
rss.inc.php に以下が必要です。(1.4.4 cvs用)~
   // Feeding start
   header('Content-type: application/xml');
   print '<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>' . "\n\n";
 + print '<?xml-stylesheet href="'.SKIN_DIR.'rss.xsl" type="text/xsl" charset="utf-8" ?>'. "\n\n";
 
   $r_whatsnew = rawurlencode($whatsnew);
-[[BugTrack2/45]] --  &new{2005-05-29 (日) 00:55:09};

//#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u10. HTML convert time: 0.059 sec.

OSDN