#contents


RIGHT:&size(12){Category: [[:Category_Document]], [[:CategoryDev]]};

*lib/file.php [#ga6f2494]
[[CVS]] Rev. 1.72
// 現在、作業中
--定数
:PKWK_MAXSHOW_ALLOWANCE|
:PKWK_MAXSHOW_CACHE|最終更新データ用のキャッシュファイル名
:PKWK_AUTOLINK_REGEX_CACHE|AutoLink 用のキャッシュファイル名

**get_source($page = NULL, $lock = TRUE, $join = FALSE) [#b3006fb0]
-ソースを取得
--内部でget_filename() が呼ばれているので、$page はエンコード前のページ名である必要がある
--$lock がTRUE だとflock() で汎用のファイルロックを行う
--$join がFALSE だと1行1要素の配列で、TRUE だと文字列でデータを返してくる
**get_filetime($page) [#ueb98d45]
-ページの更新時刻を得る
-ページのソースファイルの更新時刻を得る
--内部でget_filename() が呼ばれているので、$page はエンコード前のページ名である必要がある
**get_filename($page) [#h0d3ffdf]
-ページ名からエンコードされているファイル名を得る
-ページ名からエンコードされているソースファイル名を得る
**page_write($page, $postdata, $notimestamp = FALSE) [#ob770ae9]
-ページの更新データから、差分ファイル、バックアップ、ファイル、ページの関連、を更新する各関数を呼び出す
-ページの更新データから、差分ファイル、バックアップ、ソースファイル、ページの関連、を更新する各関数を呼び出す
**make_str_rules($source) [#jf246d7c]
-保存時用ユーザ定義ルール(ソースを置換する)を適用する
**generate_fixed_heading_anchor_id($seed) [#ue4e0f88]
-見出しにアンカーを自動生成するためにmake_str_rules() から呼ばれる
**file_head($file, $count = 1, $lock = TRUE, $buffer = 8192) [#c85fbaf8]
-ファイルの頭から指定行を配列で読み込む
--全文を読み出す時はget_source() やfile() を使うようにしてください
--$file に、読み出すファイルのパスを指定
--$count で、読み込む最大行数を指定
--$lock がTRUE だと、flock() で汎用のファイルロックを行う
--$buffer に、1行から読み込む最大サイズを指定
**file_write($dir, $page, $str, $notimestamp = FALSE) [#i2ba7c38]
-テキストファイルへ出力
--$dir のディレクトリに、$page をencode() したもの + 拡張子に.txt を付けたファイルを作成
**add_recent($page, $recentpage, $subject = '', $limit = 0) [#oc32ab79]
-RecentDeleted を更新する
**lastmodified_add($update = '', $remove = '') [#s0c541fb]
-最終更新ページのデータ更新を行う
$update のページをリストの先頭に移動(追加)、$remove のページをリストから削除
**put_lastmodified() [#w4170cbf]
-最終更新ページの再生成を行う
--全ページのファイルを呼び出すため、処理が重いです
-AutoLink 利用時には関連データの更新処理も行う
--get_autolink_pattern() を呼び出して得たデータを記録する
**get_pg_passage($page, $sw = TRUE) [#f9dc387a]
-指定されたページの経過時刻
**header_lastmod($page = NULL) [#jadbfd0a]
-Last-Modified ヘッダ生成
-ページのソースファイルのタイムスタンプを使ってLast-Modified ヘッダ生成
--$page はエンコード前のページ名
**get_existpages($dir = DATA_DIR, $ext = '.txt') [#uea411ac]
-全ページ名を配列に
--$dir にディレクトリ名を、$ext に配列に格納したい拡張子を
--ファイル名がキーに、$ext を除いたファイル名をデコードしたものが要素に
**get_readings() [#d70ae6fa]
-ページ名の読みを配列に
--ページ名がキーに、その読み方が要素に
**get_existfiles($dir, $ext) [#qa0f440b]
-ファイル名の一覧を配列に(エンコード済み、拡張子を指定)
--$dir にディレクトリ名を、$ext に配列に格納したい拡張子を
--読み込まれた順番に、配列の要素にファイルへのフルパスが格納
**links_get_related($page) [#g7b31b8b]
-あるページの関連ページを得る
**pkwk_chown($filename, $preserve_time = TRUE) [#n9bb2ce1]
-可能であれば(ファイルを作り直すことで)ファイルのownerをPHPのものに修正する
--関連: [[BugTrack2/55]]
**pkwk_touch_file($filename, $time = FALSE, $atime = FALSE) [#c0cdd4a0]
-pkwk_chown()を呼ぶtouch()のラッパー
--関連: [[BugTrack2/55]]

トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.4+ © 2001-2022 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.054 sec.

OSDN