[[PukiWiki/1.4/ちょっと便利に]]
**固定アンカーを#contentsの飛び先のアンカーとして使う -- [[reimy]] [#v0b5bb44]
~変動する#contentsが参照する飛び先も固定アンカーを飛び先にしてしまおうという改造。
~見出しに2つもアンカーが設定されるのはかっこわるいので(笑い)
~また、固定アンカーに飛んだときに、見出しタイトルが複数行に表示されていると、タイトルの頭が隠れてしまうという問題も同時に解決させる。
~%%aname.inc.phpにidを出力しないnoidオプションを追加。%% aname.inc.phpについてはcvsに取り込まれた。

:必要条件|
--必ずpukiwiki.ini.phpで$fixed_heading_anchor = 1に設定しておくこと。
:改造箇所|
--convert_html.php
--ls2.inc.php
--%%aname.inc.php%%

 --- convert_html.php	Sun Apr 27 22:04:42 2003
 +++ convert_html.php.2	Sun Apr 27 22:11:48 2003
 @@ -763,17 +763,18 @@
 		if (preg_match('/^(.*)\[#([A-Za-z][\w-]+)\](.*)$/',$text,$matches))
 		{
 			$text = $matches[1].$matches[3];
 -			$anchor = ' &aname('.$matches[2].',super,full){†};';
 +			$anchor = ' &aname('.$matches[2].',super,full,noid){†};';
 +			$id = $matches[2];
 +		} else {
 +			$id = "content_{$this->id}_{$this->count}";
 		}
 -		$id = "content_{$this->id}_{$this->count}";
 		$this->count++;
 		$this->contents_last =& $this->contents_last->add(new Contents_UList($text,$this->id,$level,$id));
 		return array($text.$anchor,$this->count > 1 ? $top : '',$id);
 	}
 	function getContents()
 	{
 -		$contents  = "<a id=\"contents_{$this->id}\"></a>";
 -		$contents .= $this->contents->toString();
 +		$contents  = $this->contents->toString();
 		return "<div class=\"contents\">\n$contents</div>\n";
 	}
 	function &insert(&$obj)

 --- ls2.inc.php	Sun Apr 27 22:07:18 2003
 +++ ls2.inc.php.2	Sun Apr 27 22:14:12 2003
 @@ -194,8 +194,10 @@
 			if (preg_match('/^(.*)\[(#[A-Za-z][\w-]+)\](.*)$/',$title,$matches))
 			{
 				$title = $matches[1].$matches[3];
 +				$id = $matches[2];
 +			} else {
 +				$id = LS2_CONTENT_HEAD.$anchor++;
 			}
 -			$id = LS2_CONTENT_HEAD.$anchor++;
 			$s_title = strip_htmltag(inline2(inline($title,TRUE)));
 			ls2_list_push($params,$level + strlen($level));
 			array_push($params['result'], '<li>'.$s_title.

aname側にidを設定せず<h2>側のidを生かしたことで、''タイトルが複数行に表示される場合でもきちんとタイトルの頭に飛ぶことができる。''改造前のようにaname側にidがあると、タイトルが複数行に表示されている場合、タイトルの頭が見えなくなるので、この点でもこの改造のメリットがある。

~固定アンカーの存在しないページ(従来のページ)では、従来通り、#content_1_1形式の変動アンカーを参照するので、いちおう互換性はとれてるはず。

----
-aname.inc.phpの変更部分を[[cvs:plugin/aname.inc.php]](v1.4:r1.13)に取り込みました。 -- [[ぱんだ]] &new{2003-04-30 (水) 23:04:22};
--aname.inc.phpの変更部分が取り込まれたので、このページからaname.inc.php差分を削除しました。 -- [[reimy]] &new{2003-05-01 (木) 02:51:37};
-1.4.2ではls2.inc.phpの上記部分を下記のように変更する必要がある。-- [[reimy]] &new{2003-12-30 (火) 21:32:11};
 if ($params['title'] and preg_match('/^(\*{1,3})/',$line,$matches))
 {
 	if (($id = make_heading($line)) == '')
 	{
 		$id = LS2_CONTENT_HEAD.$anchor++;
 	}
 	$level = strlen($matches[1]);
 	ls2_list_push($params,$level + strlen($level));
 	array_push($params['result'], '<li><a href="'.$href.'#'.$id.'">'.$line.'</a>');
 }
 else if ($params['include']
			and preg_match('/^#include\((.+)\)/',$line,$matches) and is_page($matches[1]))
 {
 	ls2_get_headings($matches[1],$params,$level + 1,TRUE);
 }
-1.4.2ではconvert_html.phpのfunction getAnchorとfunction replace_contentsを下記のように変更する必要がある。 -- [[reimy]] &new{2003-12-30 (火) 23:56:16};
 	function getAnchor($text,$level)
 	{
 		global $top,$_symbol_anchor;
 		
 		if (($id = make_heading($text,FALSE)) == '')
 		{
 			$anchor = '';
 			$id = "content_{$this->id}_{$this->count}";
 		}
 		else
 		{
 			$anchor = " &aname($id,super,full,noid)\{$_symbol_anchor};&nbsp;&edit(,$id);";
 		}
 		$this->count++;
 		$this->contents_last = &$this->contents_last->add(new Contents_UList($text,$level,$id));
 		
 		return array($text. $anchor, $this->count > 1 ? $top : '', $id);
 	}
-
 	function replace_contents($arr)
 	{
 		$contents = "<div class=\"contents\">\n";
 //		$contents .= "<a id=\"contents_{$this->id}\"></a>";
 		$contents .= $this->contents->toString();
 		$contents .= "</div>\n";
 		array_shift($arr);
 		
 		return ($arr[1] != '') ? $contents.join('',$arr) : $contents;
 	}
- iJUUBFsTMPBtWSVe -- [[begzdzcmtkv]] &new{2009-03-07 (土) 12:21:12};

#comment
----
-convert_html.php に関しては、[[cvs:lib/convert_html.php]](r1.15) で一部(getAnchor 関数の分)が取り込まれました([[開発日記/2005-07-03]])。&br;パッケージでは、1.4.6 以降に含まれています。 --  &new{2009-03-07 (土) 14:32:34};
-一応、1.4.7 向けに、ls2.inc.php(r1.23) の修正点を挙げておきます。 --  &new{2009-03-07 (土) 14:32:34};
 	foreach (get_source($page) as $line) {
 		if ($params['title'] && preg_match('/^(\*{1,3})/', $line, $matches)) {
 			$id    = make_heading($line);
 			$level = strlen($matches[1]);
 			if ($id == '') {
 				$id    = PLUGIN_LS2_ANCHOR_PREFIX . $anchor;
 			}
 			$anchor++;
 			plugin_ls2_list_push($params, $level + strlen($level));
 			array_push($params['result'],
 				'<li><a href="' . $href . $id . '">' . $line . '</a>');
 		} else if ($params['include'] &&
 			preg_match('/^#include\((.+)\)/', $line, $matches) &&
 			is_page($matches[1]))
 		{
--過去のものと微妙に違うのは、固定アンカーのあるなしが混在しているソースが相手でもいいように、&br;一応$anchor のカウント増加部分が必ず動作するように外にだしている点です。 --  &new{2009-03-07 (土) 14:32:34};
-convert_html.phpのreplace_contents 関数の修正については、固定と自動のアンカーの同時出力をやめたい人のみ行って下さい。&br;ただし、自作プラグインなどで自動アンカーを利用している場合は、不具合が出るかもしれません。 --  &new{2009-03-07 (土) 14:32:34};

//#comment


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.077 sec.

OSDN