*URL 認識パターンへの webcal: や webdav: の追加 [#b4481466]

-ページ: BugTrack
-投稿者: [[tai]]
-優先順位: 低
-状態: 提案
-カテゴリー: 本体新機能
-投稿日: 2003-01-15 (水) 22:10:59
-バージョン: 

**メッセージ [#j39042af]
独自拡張ですが、IE on MacOS は

> webcal://hostname/path/to/calendar.ics

という URL を iCalendar + WebDAV でアクセスできる
カレンダー情報と認識して、カレンダアプリケーションが
起動します。

こういう URL も認識するようにすると便利かもしれません。

あと、これまた拡張ですが、

> webdav://hostname/path/to/some/resource

という URL を、展開時に

 <style ...>
 a.davlink {
     behavior: url(#default#AnchorClick);
 }
 </style>

 <a class="davlink" folder="http://..." href="http://...">...</a>

のように展開すると同様の理由で便利かな、と思います。

あまり URL の独自拡張は勧められた話ではないのですが、
便利は便利なので提案してみました。検討よろしくお願いします mOm

----

-ただの興味からですみませんが、
--webcal という scheme 名は、どこの RFC にのっているのか、見つけられないままでいました。これってただの MS拡張じゃないんですか?ご存知でしたら教えて下さい。 -- [[upk]] SIZE(10){2003-01-15 (水) 23:50:04}
--あと、pathまでが WebDAV上でのtopとなる定義なんでしょうか?言い換えると、表示上 to からがディレクトリとして見えるんでしょうか? -- [[upk]] SIZE(10){2003-01-15 (水) 23:53:03}
--もう1つ、a タグに FOLDER の定義までを加えないことでの便利というのは、どう便利になるイメージなのでしょうか? -- [[upk]] SIZE(10){2003-01-15 (水) 23:57:10}
--とここまで質問なんですが、現状として、WebDAV と PHP の相性が悪く、WebDAV の日本語対応を行うと、PHP では文字化けが発生し(iconvのラッパーが影響)、共存できていないのですが、他の環境は、問題ないのでしょうかね?-- [[upk]] SIZE(10){2003-01-16 (木) 00:03:12}

-そうです、これら scheme と behavior stylesheet は全部独自拡張です。RFC 的には独自 scheme は、これを推奨しない、としています。一方で IE 限定ではあるものの、利便性はそれなりに高いので提案してみました。ちなみに webdav: の展開パターンで folder="..." がないのは単なる書き忘れでした。修正しておきます。 -- [[tai]] SIZE(10){2003-01-16 (木) 13:19:11}
-文字化けのほうですが、実は私もはまりました。しかし、PHP 環境はコンテンツを実行するのに対し、WebDAV 環境はコンテンツの内容を as-is で取り扱うので、PHP 環境として使うところでは WebDAV をオフに、WebDAV を使うところでは PHP をオフにしていると思います。エンコーディング設定を WebDAV と連動させてオン・オフすれば共存できます。機能の性格上フォルダ単位でのオン・オフはできないですが…(私は VirtualHost で2つ立てて切り替えています) -- [[tai]] SIZE(10){2003-01-16 (木) 13:32:45}
- 関連 > sftpプロトコルに対する自動リンク [[BugTrack2/40]] -- [[kawai]] &new{2008-05-06 (火) 02:33:20};
- Microsoft の定義ページは http://www.microsoft.com/japan/msdn/workshop/author/behaviors/overview/webfolder.aspx ですかね -- [[kawai]] &new{2008-05-06 (火) 02:36:59};

#comment
//#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Site admin: PukiWiki Development Team

PukiWiki 1.5.3+ © 2001-2020 PukiWiki Development Team. Powered by PHP 5.6.40-0+deb8u12. HTML convert time: 0.064 sec.

OSDN